NHK札幌放送局

ほっとニュース通信(43)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年2月7日(木)午後6時00分 更新

朝の連続テレビ小説、朝ドラ100作目。なつぞらのヒロイン・広瀬すずさんにお話を伺いました。広瀬さんが考察する「奥原なつ」という人物から、北海道での楽しみ、動物好きが生んだ奇跡?!など全インタビュー内容を特別に蔵出しです。

さっぽろ雪まつりに合わせて来札した広瀬さん。
開会式後、NHKでお話を伺いました。

2月4日(月)全道向けのほっとニュース北海道でご紹介したインタビュー。ご覧になっていない方もいらっしゃると思います。特別にこのブログで公開します。

なつを”太陽のような存在””身近なキャラクター”と語る広瀬さん。自らが感じたことを素直な言葉で表現し、相手の反応を確かめながら丁寧に言葉を紡いでくれました。お話を伺っていると、なつが北海道の大自然を背景に躍動的に動き出すイメージが自然と頭の中に浮かぶ…そんな不思議な感覚に襲われる時間でした。さすがプロとして表現と向き合う方だなと感心するとともに、なつを身近な存在としてとらえることができました。

さて、ここからは蔵出し。
私の「インタビュー取材メモ」として未放送部分の広瀬さんの言葉をご紹介します。まずは放送でもお伝えした雪像について。

瀬田:さっぽろ雪まつりはこれまでにご覧になったことはあるんですか?
広瀬さん:実際に来たのは今回が初めてなんですけど、少し前に「ちはやふる」という映画をやっていた時に、「ちはやふる」の綾瀬千早のビジュアルを作ってくださったことがあって、写真で拝見しました。すごく印象的でこんなに精巧に作れるのかと驚いた覚えがあります。
瀬田:すでに雪像とのツーショット写真も撮っていましたが、広瀬さんが演じている「奥原なつ」も今回、雪像になりましたね。

広瀬さん:素直に嬉しいです。光栄だなって。なんでしょう…自分を作ってもらえる、「なつ」ですけど、役としてでも作ってもらえるなんて。雪像とツーショット写真を撮ってウキウキするのは自分だけだろうなと思いつつ、とっても嬉しい体験でした。

瀬田:だいたい期間中の来場者は例年200万人を超えるこの雪まつり…

広瀬さん:んーーーーーーー!スゴっ!

瀬田:多くの方が雪像を目にしますが、どんなふうに楽しんでもらいたいですか?

広瀬さん:なつぞらはアニメーションの話も出てくるんですね。雪像は結構アニメっぽい「なつ」でもあったので、その世界観が『あっ』て、私はちょっとドキッとしたので、少しでもなつぞらを楽しみだなと思ってもらえるきっかけになるといいなと思っています。また、北海道を舞台にした作品があるということを多くの人に知ってもらえる機会でもあると思うので、思い思いの方法で、たくさんの方に楽しんでいただきたいなと思います。

瀬田:わたくし、広瀬さんとなつの雪像のツーショット写真の構図がすっごくいいなと思ったんですけど…

広瀬さん:ははははは、本当ですか?でもぜひ雪像とともに、写真も撮ってもらえればと思います。

と、今回はここまで。
でも、インタビューメモまだまだあります。撮影を支えたホッとするものや北海道での楽しみ、動物好きが生んだ奇跡、もちろん奥原なつの人物像や語りの内村光良さんとのやりとりなど、今後も定期的に更新していきます。

そしてなつぞら情報をもう一つ!!
元気いっぱい北海道feat.なつぞらトークショーが2月10日(日)の午後2時から、さっぽろ雪まつりのつどーむ会場「あったかふれあいステージ」で開催されます。なつぞらにご出演の俳優・音尾琢真さん、福地桃子さん、制作統括の磯 智明CPをお迎えして、福井慎二アナウンサーの司会で制作の裏話や見どころをお届けします。こちらもぜひ!

それでは、また(^^)/


(2019年2月7日)


関連情報

ほっとニュース通信(51)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2019年3月14日(木)午後5時00分 更新

ほっとニュース通信(31)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2018年12月6日(木)午後3時38分 更新

ほっとニュース通信(16)【瀬田宙大】

瀬田 宙大

2018年7月25日(水)午後6時00分 更新

上に戻る