NHK札幌放送局

北海道クローズアップ

北海道の“いま”を見つめる報道番組。放送を開始したのは1993年4月。「拓銀破綻」や「南西沖地震」、「日本ハムファイターズの日本一」や「北朝鮮のミサイル発射」など、北海道が直面する様々なテーマに向き合ってきました。
北海道と命名されて150年となる節目の今年、番組をブラッシュアップします。新テーマ曲「明日を拓(ひら)こう」を歌うのは、札幌出身のシンガーソングライターの半﨑美子さん。
北海道の“いま”をよりわかりやすく、より深く。報道番組の新たな可能性を探っていきます。

北海道 激動の平成を生き抜いた人たち

北海道クローズアップ

2019年5月10日(金)午後3時16分 更新

北海道クローズアップがスタートした平成5年の7月、北海道南西沖地震が発生。北海道の番組として、被災者の声を伝えていくことが番組の原点となりました。
あれから26年。放送は745回にわたり、番組は “平成” という時代と向き合ってきました。その平成が終わりを迎えようとしているいま、取材したあの現場はどうなっているのか。
激動の平成を振り返り、次の時代へのヒントを探ります。

もっと見る

北海道クローズアップ

2019年5月10日(金)午後3時16分 更新

貿易自由化の荒波にどう向き合う? 岐路に立つ農業王国

北海道クローズアップ

2019年5月10日(金)午後2時58分 更新

相次ぐ自由貿易協定の発効で、今、北海道農業が大きな転換点を迎えています。乳製品や牛肉などの農産物がより安価に国内に入ってくることで、消費者には恩恵がある一方、酪農家や畜産農家は複雑な思いでこの事態を見つめています。農業王国・北海道はどうなるのか。かつてない規模の自由化の波を乗り越えようと模索する最前線を追います。

もっと見る

北海道クローズアップ

2019年5月10日(金)午後2時58分 更新

北海道を変える “スマート農業” その課題と可能性

北海道クローズアップ

2019年4月3日(水)午後1時03分 更新

今、北海道の農業が大きな転機を迎えています。人間に代わって畑を耕すロボットトラクターや、ワンタッチで農薬を自動散布するドローンなど、人工知能やITを駆使した “スマート農業” の導入が急速に進んでいるのです。一方で、効率重視の新しい農業に対する戸惑いの声も。
高齢化や国際競争に直面する北海道の農業。スマート農業は、窮地を乗り越える切り札となるのでしょうか。

もっと見る

北海道クローズアップ

2019年4月3日(水)午後1時03分 更新

さようなら北海道!その前に…【糸井羊司】

北海道クローズアップ

2019年4月1日(月)午前11時41分 更新

この春、東京へ転勤することになりました。 北海道での4年間で(通過を含め)訪れた市町村は 179のうち160前後。 そのなかで、最後に改めて向かったのは…。 

もっと見る

北海道クローズアップ

2019年4月1日(月)午前11時41分 更新

どう備える? “雪氷津波” が真冬の北海道を襲う

北海道クローズアップ

2019年3月13日(水)午後3時07分 更新

もし真冬の北海道で巨大地震が起きたらどうなるのか。2018年9月の地震がブラックアウトをもたらしたことは記憶に新しいところですが、真冬に同様の地震が発生した場合、より多くの被害を引き起こすことが予想されます。私たちは、真冬の災害からどのように命を守ればよいのでしょうか。

もっと見る

北海道クローズアップ

2019年3月13日(水)午後3時07分 更新

新たな歴史刻んだコンサドーレ 快進撃支えたチーム改革の全貌

北海道クローズアップ

2018年12月25日(火)午前10時54分 更新

チーム創設22年、ついにJ1で4位という初の快挙を成し遂げたコンサドーレ。大躍進の原動力となったのは、今季就任した名将ミシャことペトロヴィッチ監督でした。チーム全員で攻めるミシャ流「超攻撃的サッカー」はどのようにして生まれたのか。来シーズンへ向けてチームが見据える新たな景色とは? チーム改革の全貌に迫ります。

もっと見る

北海道クローズアップ

2018年12月25日(火)午前10時54分 更新

地域と生活を破壊する液状化 対策の課題とは

北海道クローズアップ

2018年12月19日(水)午後7時05分 更新

胆振東部地震から2か月あまり。深刻な液状化に見舞われた札幌市清田区の里塚地区では、多くの住宅が今も傾いたままです。進まない復旧、そして新たな被害も明らかになっています。地域も生活も破壊する液状化にどう向き合えば良いのか。復興を目指す最前線の現場から考えます。

もっと見る

北海道クローズアップ

2018年12月19日(水)午後7時05分 更新

悲しみに寄り添うために 加藤登紀子 サハリンへの旅

北海道クローズアップ

2018年12月19日(水)午後6時03分 更新

北海道から北に43キロの場所に位置するサハリン島。この島には、人々の悲しみが刻まれています。かつて日本領だったこの地にソ連軍が侵攻。激しい地上戦は終戦後もなお続き、多くの人が命を失い、そしてふるさとを失いました。2018年6月、この島を訪ねた日本人がいます。歌手の加藤登紀子さんです。加藤さんは、島の人々の悲しみに寄り添うために歌を届ける旅にでました。

もっと見る

北海道クローズアップ

2018年12月19日(水)午後6時03分 更新

祭りがつなぐ地域と未来 ~芦別健夏山笠の30年~

北海道クローズアップ

2018年12月10日(月)午後7時03分 更新

30年の節目を迎えた「芦別健夏山笠(あしべつけんかやまかさ)」。空知の芦別で開催されるこの勇壮なお祭りは、実は九州・博多で700年以上続く「博多祇園山笠」を厳格に受け継いだものです。なぜ、北海道で九州伝統のお祭りが続けられているのでしょうか。そこには、高齢化や人口減少など、地方都市が抱えるさまざまな問題を解決するヒントが隠されていました。

もっと見る

北海道クローズアップ

2018年12月10日(月)午後7時03分 更新

北海道地震 ブラックアウトはなぜ起きたのか?

北海道クローズアップ

2018年12月7日(金)午前11時01分 更新

2018年9月6日午前に発生し、震度7を記録した北海道胆振東部地震。この震災によって国内で初めて大規模停電「ブラックアウト」が起きました。鉄道や飛行機が止まり、スーパーやコンビニからは食料品がなくなる事態に。地震が多発する日本で、なぜこの地震だけブラックアウトが起きたのか。どのように道内全域に停電が広がったのか。再びブラックアウトが起こる危険はないのか。専門家とともに検証します。

もっと見る

北海道クローズアップ

2018年12月7日(金)午前11時01分 更新

1 / 2 ページ
上に戻る