NHK札幌放送局

樺太・千島戦争体験の絵

太平洋戦争の終戦から73年。樺太(今のサハリン)や千島列島で戦火や引き揚げを体験した方々の記憶を「樺太・千島 戦争体験の絵」として後世へ伝えます。

樺太・千島戦争体験の絵(10)人生が一変したあの日

樺太・千島戦争体験の絵

2018年9月4日(火)午後6時00分 更新

終戦から半月が経過した、昭和20年9月はじめの歯舞群島、志発島。当時16歳だった少女は、屋根の上から見た光景に立ち尽くした。視線の先にはソビエトの軍艦。終わったはずの戦争はその後の彼女の人生に暗い影を落とすことになった。

もっと見る

樺太・千島戦争体験の絵

2018年9月4日(火)午後6時00分 更新

樺太・千島戦争体験の絵(9)樺太地上戦、生と死の分かれ目

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月31日(金)午後6時00分 更新

終戦後の樺太。真岡に上陸したソビエト軍を前に逃げ遅れた家族は押し入れで息を潜めた。そこにソビエト兵士が近づいてきた。当時8歳の男の子は生と死の分かれ目を目の当たりにした。

もっと見る

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月31日(金)午後6時00分 更新

樺太・千島戦争体験の絵(6)三船遭難生き延びて

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月29日(水)午後6時30分 更新

甲板に横たわる男性の胸から流れ出すおびただしい量の血。終戦直後、樺太から引き揚げる船の上で9歳の男の子が見たのは悲惨な光景だった。

もっと見る

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月29日(水)午後6時30分 更新

樺太・千島戦争体験の絵(4)色丹島のニコライ大佐

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月17日(金)午後4時00分 更新

戦後ソビエト軍が占領した北方四島の1つ、色丹島。人々がソビエト軍の監視のもとで生活を強いられるなか、兵士と日本人の子どもが接するという意外な事実があった。

もっと見る

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月17日(金)午後4時00分 更新

樺太・千島戦争体験の絵(3)真岡郵便局9人の記憶

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月16日(木)午後2時30分 更新

「その場にいたら自分も自決していた」。終戦直後の樺太でソビエト軍の侵攻の状況を電話で伝え続けた後、自ら命を絶った真岡郵便局9人の電話交換手。同僚が9人との思い出を語った。 

もっと見る

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月16日(木)午後2時30分 更新

樺太・千島戦争体験の絵(1)地上戦の記憶

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月14日(火)午後3時00分 更新

終戦直後の樺太。 13歳の少年は北海道へ渡ろうと 満員の列車に飛び乗り 南部の港を目指した。 しかし、 少年を待ち受けていたのは ソビエト軍の銃撃と 激戦地の凄惨な光景だった。

もっと見る

樺太・千島戦争体験の絵

2018年8月14日(火)午後3時00分 更新

1 / 1 ページ
上に戻る