NHK札幌放送局

北海道中ひざくりげ「大地の恵みとともに生きる ~十勝~」

北海道中ひざくりげ

8月28日(火)午後2時51分 更新

【総合テレビ<全道放送>】9月28日(金)午後7:30~7:55

北海道命名150年目の「北海道中ひざくりげ」。今年は、北海道の名付け親である幕末の探検家・松浦武四郎の足跡をたどりながら、人々の暮らしや思いを伝える。第3回となる今回は、日本一の農業地帯・十勝を、俳優の大泉洋さんが訪れる。

武四郎が訪れた当時、十勝はほとんどが未開拓の土地だった。しかし彼は旅の日誌に、いくつかの場所について「地味がいい」と記し、北海道開拓の成否を左右する重要な土地だと捉えていた。ときを経て見事に、大規模農業モデルを作り上げ、豊かな文化を育んだ十勝。いま人々はこの地で、どのようにして生きているのか。

幕別町で出会うのは、開拓農家5代目の若者。先人から受け継いだ土地で、GPSを用いたハイテク農業や、小型カメラを駆使した新たな農法に挑んでいる。

さらに上士幌町で出会うのは、武四郎も旅の途中で拾った「トカチ石」を今も大切に思う工芸家。父の技術を受け継ぎながらも、独自の価値観で大地がくれた恵み「トカチ石」の作品を進化させている。

番組では、旅人・大泉さんが、かつて武四郎が十勝で出会った大地の恵みを、現代に再発見。その恵みを大切にしながら、豊かな暮らしを新たに作り続ける人々の思いを伝える。


関連情報

ふるさとの街 宝探して~安田顕が行く室蘭

北海道中ひざくりげ

8月20日(月)午後5時30分 更新

戸次重幸 水の宝は心も潤す~道東・水辺の旅

北海道中ひざくりげ

11月21日(水)午後2時02分 更新

松浦武四郎スペシャル 鈴井貴之 春の石狩湾へ

北海道中ひざくりげ

8月15日(水)午後5時30分 更新

北海道中ひざくりげ

北海道中ひざくりげ

旅人が北海道各地の素敵な人たちと出会い、その土地の風土や自然を伝える「北海道中ひざくりげ」は、昭和62年(1987年)から始まり、テーマソング「北の旅人」とともに親しまれてきました。 今年(2018年)は探検家・松浦武四郎が北の大地を旅し「北海道」と名づけて150年目。北海道を代表する“あの男たち”が今、武四郎の足跡をたどり、道内各地の魅力に触れる旅に出ます!

上に戻る