NHK札幌放送局

2019年 アイヌ政策 法整備で節目に

ほっとニュース北海道

2019年1月4日(金)午後0時02分 更新

2019年は、アイヌ民族を先住民族として位置づけることや新たな交付金の創設などを盛り込んだ法律が整備される見通しで、国のアイヌ政策をめぐっては大きな節目を迎えます。  

政府は、アイヌ民族の地位向上や文化振興を目指す法案を1月に召集される通常国会に提出することを目指しています。

法案では、これまでの法律には盛り込まれなかったアイヌ民族を先住民族として認めることが明記されるほか、アイヌの人たちから要望があった樹木の伐採やサケの捕獲といったアイヌ文化の伝承に関わる活動の規制緩和を行うとしています。
また、地域振興を目指してアイヌ文化を生かした事業を計画する自治体を対象にした新たな交付金の創設なども盛り込まれます。
政府は、来年の東京オリンピック・パラリンピックで民族の共生を世界にアピールしたい考えで、ことしは先住民族の権利を意識した法律を整備し、アイヌ民族が暮らす地域や産業の振興を進めるための支援態勢が整う大きな節目を迎えます。

2018年1月3日放送

関連情報

ヒグマ出没情報をHPで公開

ほっとニュース北海道

2019年4月22日(月)午後7時30分 更新

「権利の明記ない」"アイヌ新法"取り下げ 訴える

ほっとニュース北海道

2019年3月5日(火)午後6時54分 更新

政府のアイヌ政策の変遷

ほっとニュース北海道

2019年2月17日(日)午後2時24分 更新

上に戻る