NHK札幌放送局

アウェー ジュビロ戦へ 3位と勝ち点差1

ほっとスポーツプラス

2018年11月22日(木)午前11時41分 更新

来シーズンのACL出場を目指して。北海道コンサドーレ札幌は、24日にアウェーで行われるジュビロ磐田との試合を前に札幌市内で攻守の連係を確認しました。キャプテンの宮澤裕樹選手が、「確実に勝ち点『3』を取って札幌に帰ってきたい」と意気込みました。

コンサドーレはリーグ戦2試合を残して4位につけていて、来シーズンのアジアチャンピオンズリーグの出場権が獲得できる3位との勝ち点差は「1」となっています。

21日は、3日後にアウェーで行われる13位のジュビロとの試合を前に札幌市西区のサッカー場でおよそ2時間、軽めに調整し、攻守の連係を確認しました。
練習では、リーグ戦終盤に入り守備の要として起用されているキャプテンの宮澤選手が、ゴール前でのクロスボールに飛び込むなど積極的な攻撃参加を見せていました。

宮澤選手「ジュビロはJ1残留を争っているが前線に迫力がある選手も多い。ACLに向け確実に勝ち点『3』を取って札幌に帰ってきたい」。

2018年11月21日放送

アジアへの道に戻る

関連情報

スピードスケートW杯が帯広市で開幕へ!

ほっとスポーツプラス

2018年11月16日(金)午後3時03分 更新

ジュビロ磐田に快勝 最終戦勝てばアジアへ

ほっとスポーツプラス

2018年11月29日(木)午後8時07分 更新

カーリング男子 コンサドーレが日本の世界選手権枠を獲得

ほっとスポーツプラス

2018年11月9日(金)午後6時47分 更新

上に戻る