NHK札幌放送局

ぶらりみてある記「知らぬか!? 冬の美味 ~白糠町~」

ぶらりみてある記

2019年2月26日(火)午前11時00分 更新

 今回お邪魔したのは白糠町。訪れた日は漁港が凍るほどの寒さ。そんな港で旬を迎えているのがヤナギダコです。地元では、一味唐辛子としょう油で刺身を味わったり、タコの卵「タコまんま」をすり潰し、焼いて食べたりして楽しんでいます。
 さらに、町の自然体験施設では、イタヤカエデの樹液採取体験ができます。
わずか1か月ほどの間しかとれない貴重な樹液。その樹液で作るシロップを使ったメープルシロップフォンデュをごちそうになりました。(2019年2月23日放送)

問い合わせ先
(ヤナギダコ漁について)
○白糠漁業協同組合
  電話:01547-2―2221

(地元の魚情報(タコまんま等)について)
○カネコウ 吾妻水産
  電話:01547-2-3019

(メープルシロップ・樹液採取体験ツアーについて)
○驚きの森
  電話:01547-2-7122
旅人:寺井紀惠(釧路局)

【旅の感想】
 今回、厳しい冷え込みの中でお邪魔した白糠町、ヤナギダコの水揚げが行われていた港でふと海面を見ると氷が張っていました。漁師さんたちによれば、港が凍り付くのは久しぶりだったそうです。「寒いけれど、白糠のタコは寒くないと沖から陸のほうに来てくれないんだよ」と言いながら、手際よく活気あふれる様子でタコの水揚げや選別をする漁師さんたちの姿が印象的でした。
 また、手作業でシロップ作りをしている自然体験施設にもうかがいました。イタヤカエデの樹液の採取体験や、その樹液で作るメープルシロップをふんだんに使ったフォンデュをいただくなど、ぜいたくな経験をさせてもらいました。
 これから春を迎えるまでの短い間だけ味わえる、白糠の海と山の幸を満喫できた旅でした。

関連情報

ぶらりみてある記 「村で活躍する達人たち!~西興部村~」

ぶらりみてある記

2018年11月14日(水)午前10時00分 更新

ぶらりみてある記「夏間近!海も祭りも活気づく港町~羅臼町~」

ぶらりみてある記

2019年7月1日(月)午後0時30分 更新

ぶらりみてある記「映画の町で 映画ざんまい」

ぶらりみてある記

2019年1月28日(月)午後0時30分 更新

おはよう北海道

おはよう北海道

北海道の最新ニュースと気象情報をテンポよくお伝えします。 道内各地の朝の表情を中継やお天気カメラの映像を通してお届けします。

上に戻る