NHK札幌放送局

豊平川 サケ産卵環境回復工事で効果【産卵動画あり】

サケチャンネル

2018年12月11日(火)午後0時30分 更新

札幌市の豊平川にサケが産卵しやすいように砂利の一部を取り除いて川の流れを回復させた場所で、これまでにサケが産卵した痕跡の産卵床がおよそ70か所確認され、流れを回復させた効果が確認されました。

多くのサケが産卵しているのは、JR函館線の苗穂駅近くの豊平川です。
この場所には、もともと自然の水路があり、上流から流れてきた砂利で水路が塞がってしまったため、ことし8月下旬、豊平川の野生サケを増やす活動を進めるグループ「札幌ワイルドサーモンプロジェクト」が、河川管理者や施工業者、研究機関の協力を得て、重機で砂利を取り除きサケが産卵しやすいように水の流れを回復させました。

「札幌市豊平川さけ科学館」によりますと、この場所では9月にサケが遡上し始め、これまでに産卵した痕跡の産卵床が67か所確認されたということです。

この区間での産卵を記録した「特ダネ映像」はこちら

水路は長さ200メートルほどで、計算上は3メートルに1か所と短い間隔で産卵床があることになり、川の流れを回復させた効果が確認されました。

札幌市豊平川さけ科学館の有賀望学芸員「野生のサケを守るために、人の手を少しずつ加えながら産卵できる場所を増やしていきたい」

豊平川のサケの遡上は例年1月まで続き、引き続き産卵状況の調査が行われることになっています。

2018年12月10日放送

この現場の最新画像を紹介する「サケカメラ」はこちら


関連情報

豊平川のサケ 稚魚放流減らした2歳魚の遡上も平年並み

サケチャンネル

2019年1月28日(月)午後6時35分 更新

知床でサケ水揚げを見よう 斜里町

サケチャンネル

2018年10月24日(水)午後1時30分 更新

えりも町で秋サケ漁始まる

サケチャンネル

2018年10月24日(水)午前10時00分 更新

上に戻る