NHK札幌放送局

レバンガ折茂選手 今季で引退へ

ほっとスポーツプラス

2019年9月30日(月)午後0時47分 更新

バスケットボール男子、Bリーグの現役最年長で、B1のレバンガ北海道に所属する折茂武彦選手が今シーズン限りで現役を引退することがわかりました。

レバンガの関係者によりますと、折茂選手は、10月6日に行われるホームでの開幕戦を前に今シーズン限りで現役を引退する意向を固め、30日までにチームの幹部に伝えたということです。
折茂選手はBリーグで現役最年長の49歳、1メートル90センチの長身から繰り出すシュートが持ち味で、日本代表でも活躍しました。
レバンガでは、選手とチーム運営会社の代表を兼務し、おととしから2年にわたってBリーグの理事も務めました。
昨シーズンは国内のトップリーグで史上3人目、日本出身の選手としては初めて通算1万得点を達成しました。

レバンガによりますと、折茂選手は、10月1日に札幌市内で会見する予定だと言うことで、開幕戦を前に、今シーズン限りでの現役引退を決意した理由などを話すものと見られます。

2019年9月30日

関連情報

クレインズ 決戦を終え帰国

ほっとスポーツプラス

2019年3月20日(水)午前11時51分 更新

岩崎悠人 東京五輪世代代表入り

ほっとスポーツプラス

2019年3月14日(木)午後4時37分 更新

福西崇史さんが語るサガン鳥栖戦

ほっとスポーツプラス

2019年6月27日(木)午前10時39分 更新

上に戻る