NHK札幌放送局

音楽療法士を目指して

さくっとチャンネル

2019年10月16日(水)午後2時43分 更新

音楽療法士は、音楽を使って認知症予防や子どもの発達支援など、 医療・福祉・教育といった分野で活動している民間の資格です。 

音楽療法士は、音楽を使って認知症予防や子どもの発達支援など、
医療・福祉・教育といった分野で活動している民間の資格です。音楽療法士を目指している札幌の大学生、岡田実久さん。
もともと音楽が好きだったことがきっかけでした。

岡田さん
「音楽療法は言葉ではなく、音楽で人と人のコミュニケーションの役割をしてくれる、そこで興味が湧きました。」

さらに家族の病気がその思いを後押しします。
幼いころ、祖母の久子さんが認知症を発症、
祖父の昇さんも介護の疲れからうつ病になりました。

好きだった音楽に関わって家族に寄り添いたい。
そんなときに大学の音楽療法コースを知り学んできました。
音楽療法で大切なことは曲選び。
岡田さんは高齢者施設に訪問する実習に向けて、
お年寄りが子供の頃を思い出すことができる曲を選びました。

そしてもう一つ大切なのが相手をよく観察すること。
細かい体の動きから相手が何を思っているのか読み取ります。

岡田さん
「顔だけではなく体や、逆にその前後にどういう反応をしたかも気を配らないと、ただ進めるだけ進めて、よし見れた歌えたで自己満足で終わってはいけないので、余裕をもって皆さんを見られるように頑張りたい。」

相手の人生を理解し、寄り添っていきたいという思いで成長を続けています。

2019年9月19日放送

さくっとチャンネル トップページへ

関連情報

ザギトワにサプライズプレゼント

さくっとチャンネル

2019年4月24日(水)午後1時00分 更新

留萌本線いつまでも

さくっとチャンネル

2019年11月6日(水)午後0時13分 更新

園児の収穫体験

さくっとチャンネル

2019年3月7日(木)午後3時30分 更新

上に戻る