NHK札幌放送局

冬の魅力を満喫!~七飯町大沼~

ぶらりみてある記

2019年3月27日(水)午後7時17分 更新

函館放送局の内藤美穂キャスターが、函館から車で1時間ほどの七飯町大沼を訪ねました。 

駒ヶ岳のふもと、氷におおわれた冬の大沼の楽しみと言えば、ワカサギ釣りです。

ワカサギ釣りの達人・川村さんにワカサギ釣りのコツを教えて頂きました。

コツはこまめにさおを動かすこと。内藤キャスターもチャレンジ!

「あ~きた~!!きたきたきた!」

釣れたてのワカサギは、さっそくから揚げに。

ん!おいしい!塩気もちょうどよくて、中フワフワですね」

から揚げはもちろん、ワカサギのつくだ煮や天ぷら。

そして地元の方は、よくワカサギをみそ汁にして食べるのだそうです。

「だしが一番おいしいから」(川村さん)

ワカサギのうま味がたっぷり感じられる味わいでした。

大沼の自然を生かした 野菜の栽培

次に訪ねたのはこちらのハウス。

土ではなく、水を使って野菜を育てる水耕栽培を行っています。不純物をほとんど含まない大沼の地下水を生かし、およそ30種類の野菜を一年中育てています。

きれいな水のおかげで、えぐ味が少ないそうです。おすすめの料理はしゃぶしゃぶ。

「いただきます」

ん!おいしい。音がすごいです。本当シャキシャキって言ってますよ」

きれいな地下水が育む、冬でも味わえるみずみずしい野菜。冬の大沼の魅力を満喫した旅でした。

2019年3月2日「おはよう北海道 土曜プラス」
ぶらりみてある記” より

お問い合わせはコチラ

#北海道の食

関連情報

春の海の幸 二大名物を満喫!~寿都町~

ぶらりみてある記

2019年5月30日(木)午後6時42分 更新

町の自慢!八雲の宝物を探して

ぶらりみてある記

2019年9月19日(木)午後6時23分 更新

ぶらりみてある記 「地元の小麦で 絶品!手延べうどん ~下…

ぶらりみてある記

2020年1月14日(火)午後2時16分 更新

上に戻る