NHK札幌放送局

アイヌ語バス案内の旅 WEB #アイヌ

0755DDチャンネル

2019年7月5日(金)午前11時13分 更新

いま、公共交通機関でアイヌ語の案内放送が聞けるのは、道南バスの平取町内の区間だけです。世界でただ一つのアイヌ語での案内区間。苫小牧発の特急ひだか号で聞いてみました。※ 6日の放送を前に先行公開します。

||苫小牧駅前をスタート
アイヌ語での案内放送が聞けるのは、道南バスの運行する①高速ひだか号(札幌ー日高)②特急ひだか号(苫小牧ー日高)③日高富川高校線のあわせて8便の平取町内です。

どんなアイヌ語放送を聞くことができるのか、苫小牧駅前を午後2時25分に出発する特急ひだか号に乗り込んで見ました。

||平取町の手前で最初のアナウンスが・・・
苫小牧駅を出発しておよそ1時間20分。日高町富川の停留所を出ると、さっそく車内放送で・・・。

||主なバス停のアイヌ語名と由来 音声

主なバス停のアイヌ語地名の由来と音声をご紹介します。※音声は動画をクリックして再生してください。

紫雲古津 スムンコッ=西の窪み ※諸説あります

案内音声はこちら


去場 サㇻパ=ヨシ原の上手

音声はこちらから

平取 ピラウトゥㇽ=崖の間

音声はこちらから

資料館前 ピパウシ=カワシンジュガイがいるところ

音声はこちらから

荷負 ニオイ=流木が集まるところ

音声はこちらから

長知内 オサッナイ=川尻が乾く川

音声はこちらから

振内案内所前 フレナイ=赤い川

音声はこちらから

イケウリ入り口 イケウレリ=削るところ(?)※諸説あります

音声はこちらから

仁世宇 ニセウ=どんぐり

音声はこちらから

敷舎内 シキウㇱナイ=オニガヤのある沢 ※諸説あります

音声はこちらから

||52か所のバス停をアイヌ語で表現
アイヌ語の専門家が52か所のバス停と乗り降りの案内をアイヌ語で表現しました。車内アナウンスは平取町出身のアイヌ民族の関根摩耶さんが担当しました。

||松浦武四郎が残した地図と比べてみると・・・
バスが走る沙流川流域は、あの松浦武四郎も訪ねています。書き残した東西蝦夷山川地理取調図と現代のバス路線を照らし合わせてみると、今につながると見られる地名を見つけることができます。

||札幌ではアイヌ語の天気予報を見られます
札幌市内には、アイヌ語で天気予報を見ることができる場所があります。札幌地下鉄さっぽろ駅そばのミナパ(「大勢が笑う」の意味)では、大型スクリーンにほかのデジタル作品とともに、アイヌ語の天気予報が表示されます。

0755DDチャンネル「アイヌ語バス案内の旅」
7月6日(土)総合テレビ 午前7時55分~


関連情報

ヒグマと(草刈りで)向き合う

0755DDチャンネル

2019年9月9日(月)午後0時19分 更新

Part.3 野村カカさん スペシャルインタビュー

0755DDチャンネル

2019年8月19日(月)午後6時16分 更新

地域のためにできること

0755DDチャンネル

2019年9月9日(月)午後0時29分 更新

ひるまえナマら!北海道

ひるまえナマら!北海道

『ひるまえナマら!北海道』は、北海道が大好きなゲストのトークと、生活に役立つ情報をお届けする生放送の番組です。 気になる北海道の天気は、月曜から金曜まで気象予報士が出演して、注意点をわかりやすくお伝えします。 番組では皆さんからのお便りを募集しています。 ゲストへの質問や応援メッセージは、このページに表示されているバナーをクリックしてご投稿ください。 皆さんの日常のちょっとした出来事、お住まいの地域の季節の話題などもお待ちしています。写真も受け付けています。 ※国会中継などのため、放送を休止することがあります。

上に戻る