NHK札幌放送局

おもしろジャガイモで食卓を彩り豊かに

ほっとニュース ミニ

2019年9月26日(木)午後5時58分 更新

新ジャガの季節がやってきました。ことしは天候にも恵まれ豊作だといいます。
ところでみなさん、ジャガイモといえばどんな品種を思い浮かべますか?

見て良し、味も良し

ジャガイモといえば「メークイン」「男爵」が有名ですが、最近では品種改良が進み、新しい品種が続々と登場しています。長沼町にある農家の野菜直売所では、なんと10種類ものジャガイモが並んでいるんです!

外見だけでも色や形がずいぶん違うジャガイモたち。こちらの農家では “変わった野菜が好き” という奥さんが種を取り寄せて育てたものを、10年ほど前から直売所で扱っています。おいしいだけではなく “見た目も楽しい” 品種を選んでいるうちに、10種類にまで増えてしまったんだとか。

店長のオススメ!おもしろジャガイモをご紹介

今回は、店長の記虎(きとら)邦子さんが特にオススメの3品種と、それぞれの特徴に合う料理を紹介していただきました。

まずは、皮が赤い「ドラゴンレッド」。

ふたつに割ってみると……

なんと、中がピンク色なのです。

この「ドラゴンレッド」を使えば、クリームシチューがきれいなピンク色に。

次に、表面が黒っぽい「シャドークイーン」。

断面を見ると……

鮮やかな紫色!

「シャドークイーン」は、カラフルなポテトサラダになります。

お次は、「グランドペチカ」。

芽の周りの色素が薄く、まるで目と口のよう。皮の模様が顔みたいですね。
この顔をよ~く見ると、何かに見えてこないでしょうか……

そう、プロレスラーのマスクに似ているということで、通称「デストロイヤー」とも呼ばれています。

「グランドペチカ(デストロイヤー)」の断面は、とっても鮮やかな黄色。

こちらは素材をそのまま生かして、じゃがバターで食べるのがオススメだそうです。

ちょっと変わったジャガイモを使うだけで、いつもの料理がこんなにカラフルに大変化!
みなさんもぜひ、いろんなジャガイモを楽しんでみてください。

(2019年8月26日放送)

関連情報

鉄の町 室蘭のそりで世界へ

ほっとニュース ミニ

2019年3月1日(金)午後6時46分 更新

色丹島で「初めて」のイチャルパ #アイヌ

ほっとニュース ミニ

2019年6月11日(火)午後5時13分 更新

大樹町の若社長 民間ロケットを宇宙へ!

ほっとニュース ミニ

2019年1月18日(金)午後3時28分 更新

上に戻る