NHK札幌放送局

十勝で輝く女性たち②後編 ルーシーさん #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年11月13日(水)午後2時56分 更新

若い女性が活躍できる十勝を考えるため、「十勝で輝く女性」をシリーズでお伝えしています。その②の後編、ルーシーさん。原祢秀平記者が取材に行きました。

ルーシーさんはなぜ「ルーシー」なの?
ルーシーさんは帯広市中心部の広小路商店街で、イベントスペース「多目的スペース光影」を運営しています。気になる「ルーシー」という名前についてルーシーさんに聞くと・・・。

ルーシーさん
イングリッシュネームです。高校を卒業してからニュージーランドに3~4年住んでいた時に現地の人からイングリッシュネームをつけてもらいました。その時の名前がルーシーだったんです。

休暇で帯広にきて・・・
“ルーシー”矢田部幸永さんは、埼玉育ちで、ニュージーランド留学から帰国後は、3年半、東京でシェアハウスの管理人やイベント企画などの仕事をしていました。
お父さんが帯広出身と十勝との縁があり、去年4月に帯広へ移住。その経緯は。

ルーシーさん
休暇を取って帯広に来てみたら、すごく住み心地が良い場所だと感じました。気づいたら休暇が長くなってしまったみたいな感じです。

つながりが生まれる場所作り
矢田部さんが運営するイベントスペースで心がけているのは人と人とのつながりが生まれる場所作りです。みずからもイベントを企画し、取材に行った日には十勝の足寄町産のチーズを楽しむイベントを開催中でした。集まったのはチーズが好きな20人ほどのさまざまな世代の人たちです。

会場には矢田部さんお手製の「チーズタッカルビ」や「チーズフォンデュ」などいろいろなチーズ料理が並んで、参加した人たちの会話もはずんでいました。

参加者の男性に聞くと

初対面の人とも知り合うことができました。友だちの輪が広がるのでこういう場所はすごくいいと思います。

矢田部さんは「帯広に来てみるとフリーランスの人や事業をしている人、それに個人で活動している人が出会える場所が少ないと思っていました。少人数の方が人との交流も密になると思っています。人が気軽に集まれる場所を作りたいと思っています」と話していました。

人と出会いやすい場所
矢田部さんは帯広に移住して1年半がたちました。十勝の魅力について。

人との距離感は東京よりもとても近いと感じていてすごく人に出会いやすい距離感だと思います。女性もすごく輝いていて、とても魅力的な場所だと思っています。
取材した原祢秀平記者は
投稿をきっかけに出会ったルーシーさん。柔らかい雰囲気と優しい語り口調が印象的です。その言葉の中に、十勝への情熱を感じる熱い女性でした。ルーシーさんはチーズ好きの人を集めたイベントに続いて、11月27日には「お肉をたらふく食らう会」というユニークなイベントも計画しているとのことでした。
ナットクとかちchは視聴者の皆さんからの投稿を頼りに取材を進めています。これからも多くの人から投稿をいただけると嬉しいです!

2019年11月12日放送

ナットクとかちchへの投稿フォームはこちら

ところでナットクとかちchから大事なお知らせ

関連情報

「求人の現場から」に反響いただきました #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年5月29日(水)午後4時42分 更新

なつぞら 放送開始!新得町でPV

十勝チャンネル

2019年4月2日(火)午前10時29分 更新

おびひろ氷まつり開催「なつぞら」紹介も

十勝チャンネル

2019年2月5日(火)午前11時54分 更新

上に戻る