NHK札幌放送局

シベリアで眠る戦友を捜す

おはよう北海道

2019年7月18日(木)午後6時00分 更新

昭和20年8月9日以降、旧ソビエト軍の侵攻によって約57万5千人もの日本人が連行され、長期間にわたり酷寒の劣悪な環境下で、労働を強いられた「シベリア抑留」。祖国に帰れず命を落とした日本人は、約5万5千人と言われますが、いまだ正確な数字は分かっていません。 70年ぶりに現地に渡り、亡き戦友を捜す93歳の漁師がいます。

「ダモイ(帰国)」と騙され始まった 過酷な抑留

利尻島で漁師をしている吉田欽哉(よしだ・きんや)さん。
19歳の時、兵役検査を受け、かつての樺太、現在のサハリンに衛生兵として渡りました。樺太にも、昭和20年8月9日以降、旧ソ連軍が侵攻。「日本へ帰す」と乗せられた船は、稚内を目前に北上し、その時から4年間の抑留生活が始まったのです。

十分な食べ物も与えられず、冬はー30℃にもなる酷寒の中労働を強いられる極限の抑留生活。そんな中ただひとつ心にあったのは、「なんとかして故郷日本に帰らなければ」という思いでした。

「なんとかして日本の地、どこでもいいんだ。とにかく日本に行ったらそこで亡くなっても誰かが来てくれるし。こんなとこで死んだら誰来るっていう。死んだら誰も来ない、線香1本あげに」(吉田さん)

70年以上忘れられなかった 戦友との約束

そんな過酷な抑留生活の中で、吉田さんが忘れることができなかったのは、祖国に帰れず抑留中に命を落とした日本人を埋葬したことでした。埋葬作業に呼び出されたのは、他にはたった7人ほどだったといいます。ソ連の将校に1日4体埋葬というノルマを課せられ、すでに掘られた穴に棺を運び、埋めていきました。

それでも作業を終え、その地を去るという時、線香もろうそくもない中、手を合わせてした約束が忘れられませんでした。
「4か月も5か月も氷の中だもの。「必ず迎えに来るから」って拝んできたよ、最後は。「成仏してください」なんてそんな言葉も出なかったよ。成仏できるわけないもの。かんからかんにしばれる所にいてさ」(吉田さん)

ようやく現地へ

引き揚げたあとも、戦友との約束を忘れることができずにいた吉田さん。しかし、4年間の抑留生活で、数々の収容所を転々とさせられ、埋葬地の正確な地名すら分からずにいました。
シベリアでの体験を講演などで語り継ぐ中、さまざまな人の協力を得て、3年ほど前にようやく地名が分かったのでした。吉田さんは、自分の当時の記憶を地図に記し、抑留中死亡者の遺骨の埋葬地調査・収集を行ってきた厚生労働省に届け、現地での埋葬地調査にも参加することになったのです。

吉田さんは、必ず戦友たちを見つけ出し、日本に連れ帰りたいという思いでいました。
「指1本でもいいんだ、足の指でも手の指でも。1本でもいいから持ってきたい。見て確認したい」(吉田さん)。

必死の調査の果てに

70年ぶりに抑留された場所を訪れた吉田さん。埋葬を行ったロシア極東、ウシカ・オロチスカヤには、日本を発って2日後、ようやくたどりつきました。目にした風景は、かつてのものから大きく変わっていました。当時、水草の生い茂った野原だった場所は、ほとんどがロシア人の墓地になり、かつて墓参に訪れた日本人や、現地の人が建てた墓標のみが残っていました。

4日間という限られた調査期間の中、なんとか戦友を見つけたいと、当時の記憶を辿ります。いても立ってもいられず、自ら地面を掘ってみた吉田さん。しかし、土の下は凍土になっていました。

なかなか遺骨は見つかりません。
吉田さんの戦友への思いが、あふれました。

「日本へ帰るぞー!」(吉田さん)

調査3日目。足とみられる遺骨がひとつ、見つかりました。戦友への思いが届いたような気がしたという吉田さん。
しかし、今回の調査では、遺骨が日本人のものか、判定することができませんでした。
調査を終え、この地を離れる前に、亡くなった戦友のために祈った吉田さん。墓標をなでた時、思いがこみ上げました。

「寒かったべ、寒い、すまん。来たんだぞ、それでも。よく70何年も我慢していてくれたな。迎えに来たけれどひとつしか見つからないし。すまないな。必ず来るからなとは言ってきた」(吉田さん)

戦友を日本に連れ帰りたい 思いは続く

帰国して2週間後。吉田さんの姿は札幌にありました。

シベリアでの体験や、今回の調査について伝えようと講演を行うためです。
「まだ何万という遺骨が残っているんです。なんとかしてひとりでも多く日本の地に来て眠らせてあげたいというのが自分の願いなんですよ」(吉田さん)。
吉田さんは、遺骨を日本に帰すために、講演を行うほかにも、埋葬地に関する情報を知っている人がいないか、捜し続けています。

「これからがまたひとつ、自分に課せられた仕事があると思っている。命のあるかぎり」(吉田さん)

(2019年7月13日放送)

関連情報

札幌に町の本屋を作りたい!

おはよう北海道

2019年2月18日(月)午後0時08分 更新

大型連休 ドライブはここに注意

おはよう北海道

2019年4月24日(水)午後4時18分 更新

阿寒のジュエリー作家 新デザインに挑戦

おはよう北海道

2019年10月24日(木)午後6時29分 更新

おはよう北海道

おはよう北海道

北海道の最新ニュースと気象情報をテンポよくお伝えします。 道内各地の朝の表情を中継やお天気カメラの映像を通してお届けします。

上に戻る