NHK札幌放送局

元日本代表・小島伸幸さんが語るコンサドーレの課題と今後

ほっとスポーツプラス

2019年3月20日(水)午後8時11分 更新

コンサドーレは札幌ドームで行われた3月17日のリーグ戦で昨シーズンのアジアチャンピオン、アントラーズに1対3で完敗。3連勝を狙った試合でしたが、前節のエスパルス戦でゴールを決めた鈴木武蔵選手は持ち味のスピードを発揮できず、ノーゴール。鈴木選手のシュートはわずか2本にとどまりました。

相手の強烈なプレスに苦戦

この試合の解説を担当した元日本代表GKの小島伸幸さんはワントップのFW、鈴木選手にパスを供給するチャナティップ選手とアンデルソン・ロペス選手が厳しくマークされた結果だと指摘します。

小島さん
「鈴木選手の良さを発揮させない布陣でアントラーズが臨んで来たことは間違いない」

チャナティップ選手とロペス選手にボールが入るとアントラーズは鈴木選手にパスが出ないように複数の選手で取り囲んで強烈な「プレス」。攻撃の中心選手たちに前を向いてプレーさせませんでした。

対抗策も狙われた!

コンサドーレは後半、強烈な「プレス」をかわそうと、最終のディフェンスラインから前線へのロングパスで対抗しました。しかし、後半31分には、進藤亮佑選手が前線に蹴ったロングパスを奪われて、カウンター攻撃を受け、3点目を失いました。

小島さん
「チャナティップ選手やロペス選手に対する激しいプレスがすべてだった。コンサドーレはロングパスで強引に攻め込もうとしたが、つぶされていた。アントラーズの狙い通りの展開だった」

コンサドーレは相手の厳しいプレスをロングパスでかわそうとしましたが、結果として、攻撃を誘導される形になり、相手に狙い通りに守られてカウンター攻撃を受け、失点を重ねてしまいました。

リスクを冒す勇気が必要

コンサドーレが今後の戦いで必要なものは何か。小島さんはディフェンスラインの“リスクを冒す勇気”だと言います。コンサドーレは、前半12分と23分に失点。相手に攻め込まれて序盤で2点を失った結果、最終のディフェンスラインが自陣深くに下がってしまい、相手に空いたスペースを使われ攻め込まれる苦しい試合でした。そうしたなか、小島さんはDFの宮澤裕樹選手や福森晃斗選手が、後半に攻め上がってから見せたドリブルを仕掛けるプレーに注目していました。

小島さん
「ドリブルを仕掛けて相手の守備をひきつけ、スペースが生まれた結果、前線にパスが通り始めた。あのプレーの精度を高めれば苦しい試合展開でも攻撃のリズムを作れる」
「守ることに集中するとコンサドーレの良さが消える。攻撃に参加しながら相手の狙いをつぶすのはDFにとって難しい役割だがチームにおける重要度は高い」

スピードが持ち味の選手が加わり昨シーズン以上の攻撃的なサッカー目指すコンサドーレ。DFがリスクを恐れず、攻撃的なプレーを貫けるかどうかが今後のポイントとなりそうです。

チームの成長のチャンス!

小島さん
「対戦相手に研究されながらも、勝ち点を伸ばしていければACL出場やリーグ優勝につながる。まだシーズン序盤、今回の完敗は、コンサドーレにとって成長するチャンスがめぐってきているということかもしれない」
「コンサドーレは本当に良い攻撃をするという印象が非常に強いチーム。シーズンの立ち上がりの成績が良いだけに、今後、食い止めようと対抗策を講じてくるチームが非常に増えてくるだろう。その対抗策をかわして勝利を重ねていけるかどうか。チームがシーズンを通して成長できれば上位進出の可能性はある」

コンサドーレの次の試合は3月30日、名古屋グランパスとアウェーで対戦します。

(2019年3月18日放送)


関連情報

クレインズ 準優勝で最後の公式戦終える

ほっとスポーツプラス

2019年3月14日(木)午後8時13分 更新

キーマンに(たっぷり)聞く(2)三好康児選手

ほっとスポーツプラス

2018年11月8日(木)午後8時03分 更新

新戦力!中野嘉大 競争過熱?左も右もいけます

ほっとスポーツプラス

2019年2月6日(水)午後4時25分 更新

上に戻る