NHK札幌放送局

クレインズ廃部 ベテラン梁取選手の思い

ほっとスポーツプラス

2019年4月10日(水)午後5時23分 更新

日本製紙クレインズは、3月で活動を終えました。ベテランの梁取慎也選手は廃部が決まって以降、葛藤を抱えながらも懸命に戦い続けてきました。その2か月間の心の軌跡を追いました。

クレインズの守備の要

梁取慎也選手はチームの地元、釧路出身。体を張ってチームのピンチを救う守備の要として、10年間クレインズでプレーしてきました。海外でのプレー経験もあり、日本代表の中心選手としても活躍してきました。

第2子誕生の翌日に廃部の連絡が・・・
7年前に結婚し、同い年の妻、3歳と生まれたばかりの娘と社宅で暮らしています。2人目の子どもが生まれた去年12月、出産の翌日に病院で廃部を知らせる電話を受けたといいます。

梁取選手
「幸せだった時間というのは一瞬にして目の前が真っ暗になって/この先どうしようという不安と、この子たちにアイスホッケーを見せられるのかっていう不安になりましたね」

梁取選手の葛藤
アイスホッケーを続けるためには、会社員としての安定した生活を捨てなければいけない可能性がある・・・。妻の彩花さんは、先が見通せない将来への不安を感じていました。

妻の彩花さん
「子どもたちのことを考えてしまうと、やっぱり会社をやめてホッケーをして、またホッケーをずっとできるわけではないと思うので、いつか引退というときが来たときにまた一から社会人として就職してというのを考えると大変なのかなって思うので、やっぱり難しいかなっていう気持ちが強いですね」

クレインズ最後の戦い
家族のためにアイスホッケーをやめるべきか、それとも続けるべきか。葛藤を抱えたまま、アジアの王者を決めるプレーオフに臨みました。プレーオフは負けたらチームも終わりの戦いです。
最初の相手は王子イーグルス。先に得点したほうが勝つ延長戦、決勝点はクレインズでした。スタンドで観戦していた妻の彩花さんは、待ちきれず梁取選手に電話して喜びを伝えました。

妻・彩花さん
「本当によかった、よかったって」
梁取選手
「彩花の方は泣いていたので僕ももらい泣きして泣いちゃいそうです。家族にもまだまだ見せられますし、応援してくれるファンの皆様にも一秒でも多く見せてあげたいと思っていますし」

観客席の声こそ力のみなもと
クレインズはセミファイナルで韓国のチームに勝利し、3月、いよいよファイナルに駒を進めました。ファイナル初戦は地元釧路が会場、3000人近いファンが会場を埋め尽くしました。
相手は強豪・サハリン、第3ピリオド、1点を追う場面で、シュートを防ぎにいった梁取選手の右膝をパックが直撃しました。痛みに耐えきれず倒れたその時。スタンドから聞こえたのは釧路のファンの梁取コールでした。

梁取選手
「めちゃくちゃ聞こえました.あれは選手としては本当にいいファンに恵まれたなって」

梁取選手は痛み止めを飲んで、再びリンクに戻り、最後まで戦い抜きました。しかし、あと一歩及ばず地元で2連敗しました。

最後の戦いを終えて梁取選手の決意は・・・
クレインズは、相手の本拠地でも勝利を挙げられず、優勝はかないませんでした。準優勝でシーズンを、そして70年の歴史を終えました。
家族が待つ自宅にもどった梁取選手は銀メダルを取り出し、新たな決意を伝えました。

梁取選手
「僕はアイスホッケーをもう一回娘たちに見せたいなと思いました」
妻・彩花さん
「私たちもまだまだ主人のホッケーする姿を本当に今回のプレーオフを通して改めて思いましたし、彼の体力の限界が来るまで本当に続けてもらいたいなと思います」

(2019年4月9日放送)


北海道クローズアップ 4月12日(金)夜7時半~


関連情報

指導者いなくとも強豪!? 北見柏陽高校空手部のヒミツ

ほっとスポーツプラス

2018年10月25日(木)午後0時30分 更新

3日のサンフレッチェ戦は白井選手に注目!

ほっとスポーツプラス

2019年8月2日(金)午後3時46分 更新

熊本から札幌へ キャプテン宮澤裕樹の決意

ほっとスポーツプラス

2019年3月8日(金)午前11時46分 更新

上に戻る