NHK札幌放送局

秋サケ漁 水揚げ金額は前年割れ

サケチャンネル

2018年12月10日(月)午後0時17分 更新

道内の秋サケ漁は、ことしの漁がほぼ終わり、先月末までの水揚げ量は2087万匹あまりと、記録的な不漁だった去年を上回りましたが、魚体が小さいことなどの影響から、水揚げ額は去年の4分の3程度にとどまっています。  

道の漁業調整委員会によりますと、先月末までの秋サケの水揚げ量は2087万匹あまりと、平成に入り最も少なかった去年の同じ時期を33%上回っています。
地区別に去年と比べますと、水揚げ全体の半分ほどを占める“オホーツク”で25%、“根室”で74%、“えりも以東”では、ほぼ倍の103%、それぞれ上回った一方、“日本海”では3分の2程度にとどまり、いずれの地区も先月末までにことしの漁を終えました。
また一部の地区で漁の期間が今月25日までとなっている“えりも以西”では、去年の同じ時期を54%上回っています。
一方、水揚げ額は、道内全体で439億円あまりと、去年の4分の3程度にとどまっています。
漁業調整委員会によりますと、ことしはサケの魚体が小さく、不漁で高値となった去年の反動で安値がついているということです。

2018年12月9日

関連情報

豊平川さけ科学館 全館展示再開

サケチャンネル

2018年11月8日(木)午後2時29分 更新

知床でサケ水揚げを見よう 斜里町

サケチャンネル

2018年10月24日(水)午後1時30分 更新

道東 秋サケ 漁獲量回復も魚体小

サケチャンネル

2018年12月10日(月)午後0時16分 更新

上に戻る