NHK札幌放送局

WEBニュース特集 大流行の手足口病、大人も注意

北海道WEBニュース特集

2019年8月2日(金)午後2時00分 更新

毎年、夏に流行する手足口病ですが、厚生労働省はことしは過去20年で最も大きな流行だとしています。道内でも、7月下旬までに、江別保健所や千歳保健所など9つの保健所で警報が出されました。 手足口病は、5歳以下のこどもを中心に発症する感染症ですが、まれに脳に炎症を起こすケースも報告されています。そして、実は大人も注意が必要なんです。 
                           (2019年7月29日 放送)

【手足口病、子育て中の親たちは】

札幌市中心部の大通公園で、子育て中のおやごさんに話を聞くと、「保育園でもはやっているので、気をつけている」とか、「プールでうつるので、プールに入らないようにしている」など、手足口病にかからないよう注意しているという声が相次ぎました。

【病院でも患者が増加中】

取材に訪れた札幌市内の小児科でも、最近患者が増加していました。取材した日も午前中に3人の子どもが手足口病と診断されました。ことしの症状の特徴としては、高熱が出る子どもとほとんど熱がでない子どもに分かれるということや、発疹が出る場所が、口やひじ、ひざに多いということでした。

【手足口病、実は大人も感染】

清田小児科医院 三戸和昭院長

小児科医の三戸和昭院長は、「手足口病は、全国で徐々に増えつつあり、北海道でも少し遅れて7月中旬ぐらいから増え始めていて、今後注意が必要だ」と話していました。
さらに、三戸院長によると手足口病にかかるのは、子どもだけではなく、今シーズンだけですでに3、4人の親が子どもから感染して、口内炎ができたり、手のひらに発疹が出たりしたケースがあったといいます。

【どうすれば防げる?家族の感染拡大】

札幌市保健所 山口亮感染症担当部長

子どもも大人も感染する手足口病。どう防げばいいのか。札幌市保健所の山口亮感染症担当部長は、家族が手足口病にかかった際には、タオルなどを一緒に使わないこと、特に大人は、感染した子どもの唾液や便からもうつるとして、「大人もマスクをする。おむつを触ったあとには、よく手を洗う事が重要だ」と話していました。

手足口病は、大人でもまれに脳に炎症をおこすなど重症化することもあることから、しっかりと予防策をとることが重要だと感じました。

札幌放送局 太細真弥キャスター
 〃   小林紀博記者  

関連情報

WEBニュース特集 刺激的!?“せいきの新発見”

北海道WEBニュース特集

2018年11月6日(火)午後3時07分 更新

WEBニュース特集 育児での孤立を防ぐには・・・

北海道WEBニュース特集

2019年6月20日(木)午後5時00分 更新

WEBニュース特集 人口減少で病院があまる

北海道WEBニュース特集

2018年9月19日(水)午前11時58分 更新

上に戻る