NHK札幌放送局

中標津だより「そば打ち中学生」

NHK釧路放送局

2019年7月30日(火)午後3時16分 更新

ある意外なジャンルに挑戦している中学1年生がいます。 支えとなっているのは家族の笑顔です。 

別海町の少年団で空手に励む橋本幸紀さん、中学1年生。
最年長として後輩たちをまとめています。

橋本さんが打ち込んでいるものがもうひとつあります。それは…
そば打ちです。

地域のイベントで体験したのをきっかけに、ことし5月からそば打ち教室に通っています。
6月には、「段位認定大会」で初段に合格。受験資格が13歳以上のため、最年少での合格です。

橋本さん
「自分の好きな太さとかにそろえられたら、何かスカッとする」

そば打ちの工程は大きく分けて4つ。

・水分をそば粉にまんべんなくなじませる「水回し」
・丸めながら空気を抜く「こね」
・生地を正方形に伸ばす「のし」
・一定の幅で切りそろえる「切り」

「段位認定大会」では、後片づけを含めて40分以内と決められていて、手際のよさが求められます。これまで200人ほど指導してきた小出伸史さんにとって、中学1年の生徒は初めてですが、その姿勢には太鼓判を押します。

小出さん
「そばを楽しんで打つという気持ちを持っているし、意欲があるので。これから大いに期待できるなあと」
橋本さん
「今回は、空気を抜くのが失敗したなとか。自分でその日に打ったそばを、自分で判定できるっていうのが魅力です」

練習で打ったそばは、その日の食卓へ。
以前はゆでると切れてしまうこともありましたが、今はほとんど切れません。
家族の「おいしい」がいちばんの原動力になっています。

橋本さんは二段の受験に向けて、初段の1.4倍のそば粉で打つ練習に取り組んでいます。
二段の受験は1年後。さらにその1年後には、大人でも合格が難しいとされる三段に挑戦するつもりです。

橋本さん
「中学校卒業までに三段取るっていうのが、最低でも、それが目標です。細くておいしいとか、そういうそばを打ちたいです」

橋本さんは、そば打ちで身につけた集中力が空手や勉強にも役立っているそうです。


(2019年7月26日放送)


関連情報

新生クレインズ開幕戦をなつぞら「番長」が中継!?

NHK釧路放送局

2019年9月3日(火)午後2時07分 更新

🏒クレインズ取材記第14弾!髙見翼人選手インタビュー🏒

NHK釧路放送局

2019年11月29日(金)午後6時12分 更新

🏒クレインズ取材記第8弾!クレインズコーナー「We ar…

NHK釧路放送局

2019年10月18日(金)午後4時44分 更新

上に戻る