NHK札幌放送局

東京での生活を選んだ女性は #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年6月28日(金)午後5時26分 更新

今回のナットクとかちchは、人口流出をテーマに取材を進めています。24歳の時に十勝を離れ、 東京での生活を選んだ女性を帯広育ちの中山絵理子リポーターが取材しました。

十勝でいったん就職 その後 東京へ
中山リポーターが取材したのは友人の柿崎果林さんです。十勝を離れ、2年ほど前から東京で暮らしています。柿崎さんは帯広大谷短大を卒業し、音更町にある障害のある子どもの施設で保育士として働いていました。やりがいのある充実した仕事でしたが、退職を決めたのは24歳のときでした。

柿崎さんは
「平日は毎日仕事から帰ってくる、その繰り返し。週末は友達と飲みに行くとか、それで終わっちゃう。毎日の生活に不満はないけど満足もしていなかったです」と当時を振り返ります。

東京での生活は?
十勝での経験を生かし、東京でも保育士として働いています。
十勝との違い。それは休みの日の過ごし方だそうです。流行の発信地として街の変化が激しい東京での生活を楽しんでいます。撮影した写真はSNSにもあげています。

今の生活について柿崎さんは
「私は好きなことしているから、そんな自分が好きです。昔からやりたかった仕事に就いて毎日が充実していますね」と笑顔で話していました。

何が十勝にあれば・・・
東京をすぐに離れることは考えていないという柿崎さん。中山リポーターが最後に十勝の街にあればいいものを聞きました。

「そうですねえ…(十勝に)洋服屋さんや、遊ぶ場所がいっぱいあったら帰るかもしれないです」

十勝を出る女性には私生活の充実のためという人や、いったん十勝で就職した後も仕事の夢を追いかけて転職し、離れる人もいます。
女性の流出が相次いでいる20歳から24歳の年代は短大を卒業したり、就職して一段落したりする時期です。こうした時期に今後の進路を考え決断をしている女性が多いことがうかがえます。

十勝からの女性の流出を考えるにはこうした個別のケースをみつめていくことも必要なのかもしれません。

ナットクとかちchでは感想やご意見を募集しています。皆さんからの投稿をお待ちしています。

投稿方法は・・・

方法1)ナットク!とかちchメールフォーム
方法2)帯広放送局ファックス 0155-23-2741

帯広局トップページへ
ナットク!とかちch

関連情報

十勝で輝く女性⑤フリーデザイナー 真浦綾子さん #ナットク…

十勝チャンネル

2019年12月4日(水)午後2時02分 更新

ご意見メールをもとに まちなかで聞いてみました #ナットク…

十勝チャンネル

2019年6月19日(水)午後2時01分 更新

帯畜大生は奨学金返済のため十勝を離れる!? #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年8月21日(水)午前11時53分 更新

上に戻る