五輪延期 内定選手維持は8競技

1年程度の延期が決まった東京オリンピック・パラリンピックの代表選考について、NHKが国内の競技団体に取材したところ、競泳や卓球など少なくとも8つの競技がすでに代表に内定している選手を変更しない方針を明らかにしました。今後の代表選考は多くの競技が決まっていないとしていますが、野球や車いすラグビーなど11の団体競技は選考時期を変更する方針です。

東京オリンピック・パラリンピックの日本代表の選手選考をめぐっては、24日までにオリンピックではおよそ600人と見込まれる選手のうち104人が内定し、パラリンピックは46人が内定しています。
NHKはオリンピックの33競技、パラリンピックの22競技の国内の競技団体に内定選手の取り扱いと今後の代表選考について取材しました。
その結果、すでに代表に内定している選手を変更しない方針を明らかにしたのは、▽オリンピックは内定選手がいる14競技のうち、競泳、マラソン、卓球、空手、ボクシング、レスリング、カヌーの少なくとも7競技、▽パラリンピックは9競技のうちカヌーの1競技でした。
このうち競泳は瀬戸大也選手1人が、マラソンは大迫傑選手など6人が代表に内定しています。
卓球は伊藤美誠選手や張本智和選手など男女6人が、空手は喜友名諒選手や清水希容選手など男女8人がそれぞれ代表に内定しています。
また、パラカヌーは瀬立モニカ選手が内定しています。
代表内定の取り消しを表明した競技はありませんでしたが、代表選手の選考時期を変更する方針を示した競技が出ています。
具体的には、▽オリンピックが野球・ソフトボール、サッカー、7人制ラグビーバスケットボールなど7競技、▽パラリンピックが車いすラグビー、車いすバスケットボールなど4競技のあわせて11の団体競技です。
また、現時点では決まっていない、または国際競技団体の判断を待って決めるという競技が、マラソンを除く陸上、柔道、テニス、スポーツクライミング、パラ陸上、パラ競泳、ボッチャなど多数を占めました。