彩たまの音

6月17日放送 
アコーディオン奏者 大田智美さん

入間市出身のアコーディオン奏者、大田さん。アコーディオン奏者の父の音色をききながら、自身もアコーディオン奏者の道に。高校卒業後、ドイツに11年間留学し、日本へ帰ってきました。その影響あって、ビールが大好きなんだそう。日本のクラシックアコーディオン奏者はわずかしかおらず、世界で演奏したり、CDを出したりと幅広く活躍しています。アコーディオンは、ほかの楽器と比べると歴史の浅い楽器。そして、200以上のボタンとじゃばらのおかげで和音を奏でたり、音を出したあと、音の変化を楽しめるところが魅力です。実は、北欧フィンランドでも演奏が盛んで、太田さんは、飯能市にあるムーミンパークで演奏するのも、ひとつの夢だそうです