NHKさいたまブログ

物語は埼玉県からスタート!
2021年大河ドラマ「青天を衝け」
2021年2月14日 放送開始予定!

こんにちは。さいたま放送局の大河ドラマ広報スタッフです。
いよいよ2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の放送が迫ってまいりました。

スタジオのほか、群馬県や埼玉県内でのロケが進んでいますが、今日はさいたま市の指定有形文化財「永田家長屋門及び簓子塀」周辺で行われた放送第一回のロケの様子をご紹介します。 

本日の主役はこちらの3人。
1117seitenroke1.jpg
左から
渋沢喜作(高良健吾さん)の子供時代役 石澤 柊斗さん
渋沢栄一(吉沢亮さん)の子供時代役 小林 優仁さん
尾高長七郎(満島真之介さん)の子供時代役 須東 煌世さん

1117seitenroke2.jpg

石澤さんと須東さんは、
「撮影は普段行かない場所で、普段できない体験ができて、とても楽しいです。」
「(別の回の撮影ですが)獅子舞の笛の音を出すのが難しかったです」
と撮影の感想を教えてくださいました。
ちなみにお二人は裸足?かと思いきや、よく見ると裸足に見えるデザインの撮影用足袋をはいています!
「よく見ると足が大きいでしょ?」
だって。面白いー!

1117seitenroke3.jpg

小林優仁さんは渋沢栄一の生まれた、深谷市内にも足を運んだそうです。
「深谷に行くことで、渋沢栄一がこんなところで生きていたんだなーとイメージがわきました。深谷ネギが甘くてとっても美味しかったです!」
買って帰った深谷ネギは、お母さんがチーズとネギ焼きにしてくれたり、豚汁にも入れたそうですよ。おいしそう…!

こんな秋晴れの爽やかな青空の下での撮影でしたが、このシーンはまさかの夜のシーン。
どんな映像になっているか、皆さん放送本編で是非チェックしてみてくださいね。

2021年大河ドラマ「青天を衝け」は2021年2月14日(日)放送開始予定です!