NHKさいたまブログ

きょうの「ひるどき!さいたま~ず」は、月に一度の川柳コーナー「詠む さいたま~ずさん」

レギュラー選者の酒井青二さんを迎えてお届けしました。

240531_thum.jpg

【詠む さいたま~ずさん】

今回は、131句の川柳が届きました!
埼玉、そして全国から投稿いただいたみなさん、いつもありがとうございます!!

酒井さんも話されていましたが、みなさんくれぐれも「未発表の作品」をお寄せください。

では、賞に選ばれた句はこちらです☆

♪最優秀賞♪
・萌黄色すてきな言葉春が連れ 岐阜市 かきくけ子さん

♪優秀賞♪
・萌美(めみ)という先輩がいた元気かな 桶川市 谷口雅子さん
・園児らを芽吹きの春が背中押す 上尾市 りきさん

♪佳作♪
・被災地も戦地も萌える緑あり 愛知県蒲郡市 瑠珂さん
・かぶり付く朝もぎトマト萌える赤 名古屋市 フーマーさん
・草萌えて心は花野かけめぐる 嵐山町 大澤良江さん

受賞されたみなさん、おめでとうございます!
来月、6月のテーマは「開く(ひらく)」です。

※NHKさいたま放送局の投稿フォームが変わりました。
今月からは、こちらのリンクからご投稿ください。
「お気に入り(ブックマーク)」に入れていただいている方は、あらためてご登録ください。

※また、川柳の投稿フォームのトップページに記載された、6月の「お題」の表記に誤りがありました。「開く」で間違いありません。失礼いたしました。

6月28日(金)の放送を予定しています。
締め切りは、6月20日(木)必着です。

投稿いただくときは、3句以内の川柳と「お名前(ペンネームも可)」「名前の読み方」「住所」「年齢」「電話番号」を必ず書き添えてください。みなさんのご投句、お待ちしています!


いつも木曜日にお届けしている【取材の現場から】
今回は金曜日にお送りしました。

所沢支局・瀨出井小百合 記者の取材で「夜の川越の魅力を発信しよう!」と行われた「はしご酒ツアー」について。

地域の人たちや宿泊業者などが協力して実現したこのツアー、宿泊施設にあるバーなどを巡りつつ、ライトアップされた街角をそぞろ歩きしよう!という趣向です。

提供されるお酒も地元「ならでは」のクラフトビールやクラフトジン、日本酒に特製のカクテルと、バリエーション豊富なんです。

池袋駅から鉄道で最短30分ほどで結ばれているがゆえに、これまでは日帰りの観光客が多かったという川越ですが、新たに始まったこのツアーの人気は上々で、6月・7月の開催はすでに予約で一杯とのこと。夜の川越の魅力に「酔う」のもいいですね。


【晴れときどき!さいたま~ずさん】は、熊谷地方気象台・気象情報官の入福敏行さん。「気を付けたい気象情報」についてのお話でした。

おなじみの「警報・注意報」のみならず「○○(大雨・暴風などが入ります)に関する気象情報」。

さらに「線状降水帯」「キキクル」についてと盛りだくさん。これから3か月の予報についても伝えていただきました。

あすから6月、ジメジメした季節ですが、心も体も健やかに過ごしたいですね。


⇒聴き逃し配信はこちらからどうぞ