NHKさいたまブログ

火曜日

きょうの「ひるどき!さいたま~ず」は、「歴史を語るさいたま~ずさん」のコーナー!
皆さんおなじみの大東文化大学文学部教授 宮瀧交二さんとお送りしました♪

210511_thum.jpg

今回は「俳人の小林一茶と埼玉の関係」について。
小林一茶は埼玉で3つの俳句を作っていたこと、皆さんはご存じでしたか?

江戸から草津に向かう旅の中で、句だけでなく、日記もつけているのですがちょっとした情景も余すことなく書いていて、なんだか目の前で一茶の旅行を見ているようです。

そして驚いたのは1日で42キロほど歩いていたということ!!
一緒に旅をしていたら置いて行かれてしまうのかしら…と考えながら宮瀧さんに楽しく一茶について教えていただきました。
210511_thum1.jpg

そしてこの写真が宮瀧さんが話されていた「平林寺」へ続く道です。

「ここ知ってる!」「ここ通ったことがある!」なんていう方も多いのでは?時間を超えて一茶が旅した場所にいるなんてちょっと不思議な気持ちになりますよね。

また一つ埼玉の歴史・魅力を知ることができました♪

「聞き逃した!」という方や「もう一度ゆっくり聞きたい!」という方はこちらから聞き逃し配信をお聞きください♪