NHKさいたまブログ

今週は‟青天を衝け”スペシャルと題して、キャストの皆さんのインタビューをお届けしています。
本日のゲストは、尾高長七郎役の満島真之介さんです。

210401_thum.jpg
※満島さんにサインを書いていただきました。

尾高長七郎は、1836年に、尾高家の次男として深谷市に生まれました。神道無念流の剣豪で、北武蔵の天狗と称えられた尾高長七郎。
渋沢栄一の憧れの存在です。

そんな尾高長七郎役の満島さんは、初対面のわたしにも、「こんにちは~!」と元気よく挨拶してくださったり、マイクを向けている間も、終始にこやかに、ユーモアを交えながらお話してくださったりと優しいお人柄でした。

改めて、満島さんに大河ドラマ”青天を衝け”の見どころをお伺いしたところ…


「ただの農民の話ではありません。幕府が出てきて、国のトップたちが世界の関係性やいろいろなものが動いているところを渋沢栄一を真ん中に置いて描いている。今までに見られない扉が開いている気がします。
みんなの未来の扉も開きますから、この1年間未来を想像しながら過去のことを振り返りながら、楽しみながら、青天を衝けを見てほしいです」

 

とおっしゃっていました。


満島さんをはじめ、キャストの皆さまのインタビューは、青天VOICEで聴くことができます。


こちらから!

seitenvoice.jpg