NHKさいたまブログ

ひるどき!さいたま~ず

きょうの「ひるどき!さいたま~ず」「青天を衝け」に出演中の手塚真生さんのスペシャルインタビュー「渋沢栄一の銅像清掃作業」、「本庄市のコミュニティFMの開局」など盛りだくさんにお伝えしました♪

【続きを読む】

今日のさいたま~ずも、渋沢栄一尽くしの放送でした♪

金曜日のさいたま~ず担当キャスター 岸田です。

スタジオには、学ぶさいたま~ずさんのゲスト、入間市博物館の学芸員 平田光洋さんがいらっしゃいました。

210402_thum.jpg

【続きを読む】

今週は‟青天を衝け”スペシャルと題して、キャストの皆さんのインタビューをお届けしています。
本日のゲストは、尾高長七郎役の満島真之介さんです。

210401_thum.jpg
※満島さんにサインを書いていただきました。

【続きを読む】

きらりと輝く人にインタビューする「輝くさいたま~ずさん」
ひるどき!さいたま~ずの記念すべき初回のゲストは、大河ドラマ「青天を衝け」で主人公・渋沢栄一の少年時代を演じました、俳優の小林優仁さんでした。

210331_thum.jpg

【続きを読む】

新年度、お昼の時間帯に引っ越しました。
その名もひるどき!
今まで聞いてくださった方も、そうでない方も、ぜひ、この時間85.1(秩父83.5)で、埼玉のびっくりするような話題を堪能してください。
記念すべき第1回の放送は、パーソナリティー全員が出演しました~!

210330_thum.jpg

【続きを読む】

今年度最後の彩たまDEEP。きょうも“トリビア”満載でした。

県内の桜の名所と言えば、大宮公園、熊谷堤、それから権現堂堤などでしょうか。

「ソメイヨシノ」が品種改良されて、爆発的に人気を集めた明治初期、熊谷と大宮は、鉄道ができて、観光客を誘致しようということで多くが植えられました。
その様子を示す貴重な絵葉書も紹介くださいました。

210324_thum_k.jpg

【続きを読む】

彩たまライフ

2020年度の総決算「さいたま~ずで五・七・五」のベストオブベストを選ばせていただきました。

tue_senryu.jpg

 

2020年3月》  お題「わがまま」
★キャスター賞  
これ以上何を望むか奥様よ    高知市 いちかわいさおさん

《4月 お題「お洒落」
マドンナに成り切ってゆくクラス会  上尾市 昇さん
★★★5月 お題「ファインプレー」
ホームラン掴み取りして負け救う   上尾市 力さん
6月 お題「やわらかい」
堅物も柔らかくなる屋台酒      鴻巣市 小野嗣朗さん
7月 お題「波に乗る」
流れ着く先は都と波を蹴り      北本市 渡辺トミさん
8月 お題「躍動」
失恋の辛さを砕く大太鼓       上尾市 岡田 一侊さん
9月 お題「こっそり」
行く末を昼の月にも見守られ     北本市 市村禎雲さん
10月 お題「うっとり」
ヒロインになったつもりのラブシーン 越谷市 たちあおいさん
11月 お題「ぽんこつ」
★優秀賞(敬泉さん) 
手直しもせず古民家のお洒落カフェ  川口市 哲也さん

12月 お題「思い遣り」
言い足りぬ言葉に花を添えておく   鴻巣市 葱坊主さん
2021年1月 お題「乾杯」
独り酒亭主に乾杯して始め      熊谷市 光太郎さん
2月 お題「そわそわ」
★優秀賞(博鳳さん) 
スピーチの出番近づく披露宴     鴻巣市 嗣朗さん

 

1句1句思い出しながら、1年をゆっくり振り返ることができました。今年度も、博鳳さん、敬泉さん、ありがとうございました。
つくづく仲の良さを感じました。来月からまたよろしくお願いしま~す!

さて、次のお題は「輝く」です。締め切りは、4月20日(火)必着です。

たくさんの句をお待ちしています。

さいたま~ずスペシャル

3月22日(月)は「さいたま~ずスペシャル」!

seiten_hashimoto.jpg

深谷市出身で近代日本資本主義の父と称される渋沢栄一の生涯を描いた大河ドラマ「青天を衝け」が現在放送です。

栄一のいとこでのちの妻 尾高千代役の橋本愛さんへのインタビューをお届けします。

輝くさいたま~ずさん

大庭さん、中倉さん、里見さん姉妹に続いて、史上4組目の姉妹女流棋士が、去年9月に誕生しました。

210318_thum.jpg

 埼玉県和光市在住の和田あきさん(左)はなさん(右)姉妹です。

先々週にお伝えした姉のあきさんに続いて、今週は妹のはなさんへのインタビューです。去年の春からスタートさせた大学生活や、勝負の世界に生きる姉妹ならではのエピソードなど、話は尽きませんでした。

【続きを読む】

その道の達人に「埼玉県のトリビア」を教えてもらう「彩たまDEEP」
ゲストは、渋沢栄一史料館 館長 井上潤さんです。

wed_deep_inouejun.jpg
渋沢史料館で所蔵する渋沢に宛てた書簡をひもとき、渋沢の交流関係について語ります。

今回は、歴史の教科書でもおなじみの伊藤博文、勝海舟、大久保利通らとの関係についてです。