NHKさいたまブログ

6月16日に開催された第68回NHK杯全国高校放送コンテスト埼玉県大会の朗読・アナウンス部門で、それぞれ最優秀賞に輝いたのがこちらのお二人!

210625_1thum.jpg

左が朗読部門171人の中から最優秀賞を受賞した川越女子高校3年生の佐々木華さん。
右がアナウンス部門97人の中から最優秀賞を受賞した浦和第一女子高校2年生の松永真里奈さんです。

お二方、おめでとうございます!!!

朗読部門の決勝大会は、予選を勝ち抜いた26人で争われました。
私は審査員の一人だったんですが、全般的に作品のストーリーに寄り添って忠実に表現している生徒が多かった印象です。

その中で佐々木さんは、舞台劇のようなおおげさな読みや、必要以上の節回しもなく、すっと物語の世界に入っていける自然体のプレゼンが見事でした。

210625_2thum.jpg
将来の夢を聞いたところ、理系なので薬学に興味があるということ。放送中、終始、地に足がついたしっかりとした受け答えをする姿を目の当たりにし、この先どんな世界でも信頼を勝ち得る力があると感じましたよ~!

アナウンス部門は、予選を突破した25人で争われました。
全般に音の高さ、音量、スピード、間など、それぞれが独自の工夫をして臨んでいることがひしひしと伝わってきました。

その中で松永さんは、浦和一女音楽部を自ら取材して書いた原稿を芯のある澄んだ声で素直に表現していて、伝えたいというパワーが漲っていました。
210625_3thum.jpg
松永さん将来の夢は、何等かの表現するような仕事につきたいとのこと。きっとこの経験が生きる時が来るでしょうね~!

 

埼玉からは、彼女たちも含め、朗読6人、アナウンス6人が全国大会に進みます。
埼玉代表として是非頑張ってほしいです!!!

ちなみにスタジオではお二人の原稿読みの実演もして頂きました。
聞きたいという方は、こちらの聴き逃し配信でチェックしてください!