NHKさいたまブログ

埼玉で魅力あふれる活動を行うさいたま~ずさんをゲストの方に紹介してもらい”彩たまの輪”を広げていく「つながるさいたま~ずさん」。今回のゲストは、フォトグラファーのまえばみほさんでした♪

210521_thum.jpg

事前の電話取材時も、今日の放送中も、涙があふれそうになりながら伺うことになったほど、私の心を動かすお話しでした。子どもを持つ親であれば、より感じるものが大きいと思います。

まえばさんは、子どもの誕生・ニューボーンフォトからシニアフォトまで、家族の節目や日常を一人一人に寄り添って撮影を行ってきました。そんなまえばさんがカメラの仕事を始めたのは、東日本大震災がきっかけでした。まえばさんが大切にしている「家族写真」への思い、ラジオを聴けなかった方にぜひ聴いていただきたいです。

「子どもの写真は親のため 親子の写真は子どものため」
親はどうしても子どものかわいい写真を撮りがちですが、子どもに笑いかける普段の親の表情こそ写真に収めるべきであり、子どもにとっては、親に愛されていることを感じられる、心の支えになる、“宝物”のようなものになるのではと、まえばさんは考えています。

さらに、来月新たに大宮にスタジオをオープンさせます。自らの経験を活かし、乳がんで胸を切除することになった方などにも安心して撮影ができるような環境を作りたいということです。今そこにあるもの、生きている証を形に残すお手伝いができればと語る姿が印象的でした。

210521_thum2.jpg

そしてまちむら便りでは、深谷市の農業版ビジネスコンテスト「DEEP VALLEY Agritech Award 2021」について紹介しましたよ。今回は3回目ということですが、この取り組みにより深谷市内に支店を構えていただくことになった企業もあるそうです。深谷を代表する野菜・深谷ネギは、何度も消毒をしないといけなく、それをロボットの技術で行うという話はとても興味深かったです。

今日の放送の聞き逃し配信はこちらから。