NHKさいたまブログ

先週は、中学通算28ホームランを放ち、未来の大器として期待されている15歳・小野勝利選手のインタビューをお届けしましたが、今週は父で元プロ野球選手、現在は実業家として幅広く活躍されている剛さんに話を聞きました。

自身の野球人生を反面教師にした!?という、剛さんの指導論に迫りました。

210219_thum.jpg 

ドラフト7位でプロ野球の世界に入ったものの2年で解雇。その後イタリア(1年)→西武ライオンズ(3年)を経て現役を引退した剛さん。

プロで結果を出せなかった要因としてあげたのが二つ。
一つ目は技術。恵まれた体に頼って、細かい技術を習得してこなかったことで後々苦労したということ。
二つ目は心。プロになる選手は例外なくメンタルは強い。

プレッシャーのかかるところでどれだけやれるかが大事だとお話しされました。

そういった意味で「自分のような野球選手になるな」と息子に向き合っているとのこと。
自分が夢に届かなかった原因をしっかり分析して、勝利くんの指導に繋げているんだなと感じました。

一方で、話は父と息子の関係性にも及び、何でもいいから話すことですねとアドバイスを頂きました。

3人の男の子を抱える私としましては、シンプルながら目から鱗のインタビューとなりました。
写真は、BCリーグの福島ホープスをGMとして立ち上げた時のものです。