NHKさいたまブログ

埼玉県ならではの風土やオリジナルレシピをご紹介する「埼玉のめぐみいただきます」のコーナー。
ゲストは、野菜ソムリエプロの牧野悦子さんでした。

連日寒い日が続きますが、この乾燥した冬は、野菜の鮮度を守ってくれたり、保存性を高めてくれたりすることから“干し野菜”作りにぴったりの季節なのです。

生野菜よりも日持ちがして、さらに旨味も栄養価もアップする干し野菜。
干すだけという手軽さから、自宅で調理を楽しむ人も増えているそうですよ。

それでは、きょうご紹介したレシピです。

210119_thum.jpg

【切り干し大根と油揚げの煮物(3~4人分)】
材料
切干大根…30グラム
油揚げ…1枚
だし…1カップ
★砂糖…大さじ1/2
★みりん…大さじ1/2
★酒…大さじ1
★しょうゆ…大さじ1

作り方
1.切干大根は流水で2~3回洗ってから、ボウルに入れ10分程浸水させたあと軽く絞る。
  ★は混ぜておく。
  油揚げはざるに入れ熱湯をかけ、油ぬきをしてから3センチメートルほどの長さで細切りする。
2.鍋に1の切干大根と油揚げ、だし、★を入れ強火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火で10~15分加熱する。
3.時々かき混ぜながら汁がなくなるまで煮たら出来上がり。


210119_thum2.jpg

【簡単あられ(作りやすい分量)】
材料
切り餅…1個程度
しょうゆ…小さじ1/2
みりん…小さじ1/3

作り方
1.切り餅は7ミリメートル角に刻み、ざるにまんべんなく並べ、1~2日天日で干して乾燥させる。
2.1のうち30グラム分を封筒に入れ軽く封をして電子レンジ600ワットで1~2分加熱する。長く加熱すると焦げてしまうので注意。(最初は1分ほど加熱してもちの様子を確認し、様子を見ながら加熱時間をのばしていく。)
3.全部はぜたら、うつわに移して熱いうちにしょうゆとみりんを混ぜたものをさっと回しかけ出来上がり。

ぜひ、お試しください♪