NHKさいたまブログ

彩たまライフ

彩たまライフ

2020年度の総決算「さいたま~ずで五・七・五」のベストオブベストを選ばせていただきました。

tue_senryu.jpg

 

2020年3月》  お題「わがまま」
★キャスター賞  
これ以上何を望むか奥様よ    高知市 いちかわいさおさん

《4月 お題「お洒落」
マドンナに成り切ってゆくクラス会  上尾市 昇さん
★★★5月 お題「ファインプレー」
ホームラン掴み取りして負け救う   上尾市 力さん
6月 お題「やわらかい」
堅物も柔らかくなる屋台酒      鴻巣市 小野嗣朗さん
7月 お題「波に乗る」
流れ着く先は都と波を蹴り      北本市 渡辺トミさん
8月 お題「躍動」
失恋の辛さを砕く大太鼓       上尾市 岡田 一侊さん
9月 お題「こっそり」
行く末を昼の月にも見守られ     北本市 市村禎雲さん
10月 お題「うっとり」
ヒロインになったつもりのラブシーン 越谷市 たちあおいさん
11月 お題「ぽんこつ」
★優秀賞(敬泉さん) 
手直しもせず古民家のお洒落カフェ  川口市 哲也さん

12月 お題「思い遣り」
言い足りぬ言葉に花を添えておく   鴻巣市 葱坊主さん
2021年1月 お題「乾杯」
独り酒亭主に乾杯して始め      熊谷市 光太郎さん
2月 お題「そわそわ」
★優秀賞(博鳳さん) 
スピーチの出番近づく披露宴     鴻巣市 嗣朗さん

 

1句1句思い出しながら、1年をゆっくり振り返ることができました。今年度も、博鳳さん、敬泉さん、ありがとうございました。
つくづく仲の良さを感じました。来月からまたよろしくお願いしま~す!

さて、次のお題は「輝く」です。締め切りは、4月20日(火)必着です。

たくさんの句をお待ちしています。

彩たまライフ

埼玉県ならではの風土やオリジナルレシピを紹介する「埼玉のめぐみいただきます」のコーナー。

今日のゲストはファーム・インさぎ山 萩原さとみさんでした。


テーマは「小豆」

お赤飯やおはぎなど、行事食として重宝されてきた食材です。
魔除けや厄除けとして食べられた歴史や栄養素について教えていただきました。

栄養豊富なので免疫力アップに効果的だとか。この季節にぴったりのレシピもご紹介いただきましたよ。

それでは、番組内で紹介した「あずき甘酒」と「つばき餅」のレシピです。
ぜひおうち時間に試してみてくださいね♪
「悪疫退散だに!!」(大河ドラマ’青天を衝け’栄一少年のセリフです)

 210302_thum1.jpg

【続きを読む】

きょうは、124年ぶりの2月2日の節分です。
暦の上では、あすから春、魔滅(マメ)とも読むことですから、豆をまいたり、食べたりして、きょうのうちに邪気を払っておきましょう。

番組でご紹介したレシピは、こちら。

210202_thum1.jpg

【続きを読む】

生活の知恵や知識を教えていただく「すっきりライフ」のコーナー。ゲストは、ライフオーガナイザーのかわさき真知さんでした。

tue_life.jpg

1月も半ば。おもちなど、お正月の食品が余ってはいませんか?
近年「食品ロス」が問題になっています。日本人は1人年間51キロも捨てているとのこと!

【続きを読む】

彩たまライフ

埼玉県の特産野菜から食文化を見つめる「埼玉のめぐみいただきます」

ご紹介したのは「とろろいも」「七草」
年末年始でたくさんおいしいお料理をいただいたあとは、少し胃を休めてあげましょう。

210105_thum1.jpg

【続きを読む】

みなさん、お待ちかね、今年最後の川柳です。
今回も160あまりの句が全国から届きました。ありがとうございます。

では、佳作から参りましょう。

tue_senryu.jpg

 

<佳作>
見えぬよう愛の補助輪つけてやる 静岡県 春爺さん
病床に孫の手作り千羽鶴 大阪府 カワサンさん
逃げ道を残し叱ってくれた人 岐阜県 かきくけ子さん
半音のズレを補う夫婦愛 北本市 山が好きさん
ゆずられた気持ちがとても有り難い 上尾市 昇さん
夫婦でも弱みに触れぬ思い遣り 北本市 市村禎雲さん
GOTOで被災地慰問して回り 川口市 哲也さん
通知表皆勤賞を誉める母 兵庫県 けいさん
初孫の 笑顔両家に 差をつけず 東京都 まこっちゃんさん
お互いの傷なめあって誓う明日 八代市 ?さん

<キャスター賞>
ミミズ字を芸術的と言う彼女  鴻巣市 だんでらいおんさん

<優秀賞>
受験日にそっと手渡す守り札 鴻巣市 嗣朗さん
コロナ禍の君が皆んなを笑わせる 上尾市 村田伊代さん

<最優秀賞>
言い足りぬ言葉に花を添えておく 鴻巣市 葱坊主さん

以上のみなさんです。おめでとうございました!
葱坊主さんの、「戦中生まれの私は、なかなか妻に『ありがとう』を言えないので花を添えます」と言うお話には、胸がキュンとしました。とても素敵です。

今回は、長年連れ添った夫婦間での思いやり、年を取って感じることのほかに、コロナ禍で感じることの句も多かったです。
「思いやり」とテーマにしたものの、言うは易し、行うは難しです。私もできるだけ言葉にして「思いやり」を表現してみようと思います。

今年も「さいたま~ずで五・七・五」をありがとうございました。
さて、来年最初のお題は、「乾杯」1月19日必着です。
たくさんの投稿、お待ちしています♪

 

【続きを読む】

暮らしに役立つ様々な情報を教えていただくコーナー「すっきりライフ」。

ゲストは、ライフオーガナイザーのかわさき真知さんでした。

201208_thum.jpg

コロナ禍で在宅時間が増え、家で過ごす時間を快適にしたいと片付けに着手した人が多い中、ごみ問題も頻発。「不用品OR使える」をテーマに、捨てない暮らしの秘訣、さらに年末掃除の注意点をご紹介いただきました。

【続きを読む】

料理のコーナー「さいたまのめぐみいただきます」ファーム・インさぎ山 萩原さとみさんでした。

201117_thum.jpg

きょうの主役は「ヤーコン」
アンデス生まれの根菜で、肉質は甘くシャキシャキとした食感。低カロリーの野菜としても知られています。

その食べ方や栄養、お茶やきんぴらレシピをご紹介いただきました。
これから寒さが増す季節、免疫力アップのためにも“ヤーコン”を取り入れてみては?

それでは、きょうご紹介したレシピです★

【続きを読む】

毎月第四火曜は、「さいたま~ずで五・七・五」川柳のコーナーがあります。
きょうも、仲よしご夫妻の 相良博鳳さん、敬泉さんを選者にお迎えしました。

201027_thum1.jpg

今回も160ほどの句が寄せられました。ありがとうございました!
それでは、さっそく今回の最優秀賞から。

 

【続きを読む】

暮らしに役立つ様々な情報を教えていただくコーナー「すっきりライフ」。
ゲストは、ライフオーガナイザーのかわさき真知さんでした。

201013_thum1.jpg


高いマスクや除菌グッズ、食料やリモートワークにまつわる整備など、ことしは何かと出費が多いですよね。一方で残業やボーナスが減り、困っている方も多くいらっしゃると思います。

きょうは少しでも出費を減らしてお金を貯めるアイデアをご紹介いただきました。


まず、自身の出費を把握することが大切。

具体的には「家計簿」をつけることです。最近はアプリなども便利なものがありますから、レシート一枚からはじめてみるといいですね。

(ちなみにわたしは社会人になってからずっとアプリで家計簿をつけています、円グラフでみる出費の傾向をみるのが好きなんです…笑)


また気になる費用があったら別項目で入力すること。

例えば珈琲代など。見直してみると1か月に1万円以上かかっていた!なんて方も。
結論、収入をあげる努力よりも、使い方を工夫する努力を続けるほうが貯金ができる=万が一の時安全なんだそうです。


楽しい秋を過ごしましょう♪
かわさきさん、本日もありがとうございました!