NHKさいたまブログ

武田 涼花

♪雨々ふれふれもっとふれ~~♪

最近このメロディーが頭から離れない、武田涼花です。

6月21日(月)ひるまえほっとにて

歌手で画家の八代亜紀さんのインタビュー特集を放送します!

歌手生活50周年を振り返るとともに、

コロナ禍で行った様々な活動や絵画・歌への想いを聞きました。

午前11:05~から!

ぜひご覧ください放送予定詳細

yashirosann1.jpg

八代さんの自画像の前でまずは1枚パチリ。

「一応もう一枚撮りますか」

「何かポーズありますかね?」

そんなやりとりをしていると、なんと八代さんご本人からの提案で

yashirosann2.jpg

かの有名なポーズで…!(雨の慕情)

光栄です…!!

ひるどき!さいたま~ず水曜日。「平和を願うさいたま~ずさん」は、渋沢栄一のお孫さん、現在98歳のエッセイスト・鮫島純子さんでした。

210616_thum.jpg

 

【続きを読む】

ひるどき!さいたま~ず水曜日。

きょうはスッキリさいたま~ずのコーナーに新たなメンバーが加わりました。
ライフオーガナイザーの山口香央里さん
初登場でした!
210602_thum1.jpg
実は“片付け苦手歴30年”という過去を持つ山口さん。
片付けスイッチを簡単にONにする考え方やテクニック、梅雨時期にこそ気を付けたい収納方法などたっぷりと教えていただきました。

探し物の時間が減る→ストレスが減る→二重買いがなくなる→お金がたまりやすくなる・・・などなど片付けってメリットがたくさんあるんです。
すぐに試したくなるヒントが盛りだくさんですので、聴けなかった方、もう一度聴きたい方もぜひらじるらじるで♪⇒こちらから

突然ですがみなさん、最近'踊って'いますか?
5/12の「奏でるさいたま〜ずさん」初回ゲストとして出演してくださった「ルイス・バジェさん」のライブに行ってきました!⇒出演回のブログ(5/12)
さいたまラテン化計画を目論む?!サイタミーゴスの皆さんのライブです。
放送では(感染対策の為)実際にスタジオに来ていただくことができなかったので、ようやく'太陽のような笑顔'を目の当たりにすることができました。
0531ruis.jpg
感想を一言で言うと「あ〜楽しかった!!」
これにつきます。
ラテンの音楽って本当に人々に元気と活気を与えてくれるんですね。
ユニークな取り組みとして「楽器持参」というのがありました。
コロナ禍で声を出せない分、家に眠っているカスタネットでもペットボトルにビーズを入れた手作りシェイカーでも、音の出る物を持参して一緒に演奏するしましょう!というものです。

わたしは'なんちゃってギロ'で参加。(なんと、與芝アナウンサーの娘さんが図工の時間に作ったものをお借りしました♪ルイスさんも「ナニコレ!面白い!!」と驚いていました。)
0531yakosann.jpg
▲会場には同じくさいたま~ずにご出演いただいたジャズシンガーの堀北やこさんの姿も!かわいい卵型のシェイカーをもってパチリ♪

ラテンのリズムは聴いてるだけで自然と身体が揺れ、音の出る楽器があれば一緒にセッションができてしまう…。声は出せなくても、手拍子、足拍子、踊り、で会場と一体感を味わうことができるステキな空間でした。

'さいたまポーズ'を取り入れた簡単な振り付けや「コロナよ去ってくれ〜」と歌詞をつけた曲もあって、元気をもらえるライブでした。

今やテレビでも引っ張りだこというルイスさん、これからも益々のご活躍を!

0531migos.jpg

 

 

 

 

【続きを読む】

ひるどき!さいたま~ず水曜日。
きょうの学ぶさいたま~ずさんのゲストは渋沢栄一のスペシャリスト!渋沢史料館の井上潤館長でした。

210526_thum.jpg

大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一は故郷・埼玉を飛び出し、いよいよドラマは「一橋家臣編」へと突入しましたね。

ドラマには新たな人物が続々登場!
五代友厚と大久保利通との関わりは?なぜ‘篤太夫’と名乗ることに?時代考証もつとめる井上さんに気になるアレコレを伺いました。

「一橋家臣編」をさらに楽しめること間違いなし!
もう一度聴きたい方や聴き逃しは「NHKラジオ らじる★らじる」でお楽しみください♪⇒こちらから(※準備ができ次第配信・期間限定)

 

【続きを読む】

ひるどき!さいたま~ず水曜日。

きょうはDJジャンボさんによる「ダンスシップウェンズデー」『五月病をぶっ飛ばせ!』と題してお送りしました♪

210519_thum.jpg

【続きを読む】

ひるどき!さいたま~ず水曜日。さいたま観光大使でバリトン歌手の吉武大地さんに埼玉ゆかりのアーティストを中心にご紹介いただく「奏でるさいたま~ずさん」をお届けしました。

記念すべき1回目のゲストは、さいたま市在住・世界的トランペット奏者のルイス・バジェさんでした。

210512_thum.jpg

 

【続きを読む】

あす(11日)午前7時45分~8時 おはよう日本(関東甲信越)にて

「モーリー・ロバートソンがみた渋沢栄一」が放送されます!


大河ドラマ「青天を衝け」で黒船に乗って日本にやってくる「マシュー・ペリー役」を演じている、

モーリー・ロバートソンさん。

ペリーとのそっくりさんぶりが話題になりましたよね。

そんなモーリーさんが先日、

埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催中の渋沢栄一の特別展(⇒詳細)に’襲来’しました!もとい、いらっしゃいました。
国際ジャーナリストとしても活躍するモーリーさんは渋沢の民間外交・晩年の活動をどう見たのか… 

当時の意外と知られていない時代背景とともにご紹介します。

ぜひご覧ください!(あのセリフの実演も…?♪)

★おはよう日本(関東甲信越)に関する情報は⇒こちら

mo-ri-sann.jpg

武田 涼花

埼玉県の偉人・渋沢栄一の生涯を描く大河ドラマ「青天を衝け」。

皆さまお楽しみいただいていますか?

 

最近では各所で渋沢関連の書籍も目にするなど、注目されていますよね。

さいたま市にある埼玉県立歴史と民俗の博物館では、渋沢栄一の特別展が開催中です詳細はこちら。

今月25日には記念講演会が行われました。

210425kouenkai.jpg

講師は、さいたま~ずでもお馴染み、

渋沢史料館館長で渋沢栄一のスペシャリスト!井上潤さん

タイトルは「現代に生きる 渋沢栄一の思想と行動」

「こんにちは、徳川家康です」という挨拶から始まり、

渋沢の様々な足跡をたどりました。

210425kouenkai2.jpg

「今生きていれば181歳、今も渋沢栄一は生き続けています」というお話で締められました。

あっという間の1時間半でした。

中には学生さんの姿もみられました、素晴らしい意識の高さ…!

改めて渋沢の偉大さを実感したひとときでした。

 

井上潤さんは青天を衝けの時代考証も担当されています。

さいたま~ずでは5月13日(木)その裏話をご紹介する予定です。

さらに、26日には生出演もしていただく予定です。

どうぞお楽しみに♪

 

【続きを読む】

藍のたねプロジェクト

こんにちは!

さいたま局では、埼玉から物語が始まる大河ドラマ「青天を衝け」に関するリポートを数多くご紹介しています。

中には撮影現場の舞台裏に潜入するリポートも…こちら

現場に行って驚いたのはオープンセット(屋外のセット)の広大さはもちろん、

細かいディテールでした。

道や土のでこぼこ、道端の雑草まで全てスタッフさんがイチから植えて作った手作りのセットなのです。

渋沢家は藍染めの染料となる藍玉を家業としていたのは、みなさんもうご存知ですよね?

ロケセットでも実際に藍をたくさん育てていました。

そこで出た藍のたねを無駄にしないようにと、さいたま局では「藍のたねプロジェクト」と題して

近隣や渋沢にゆかりのある土地の学校などに配布し育ててもらい、藍染めを楽しんでもらう取り組みをはじめています。

種まきの最適な時期は4月~5月ころとのことで

本日(4/16)さいたま局の中庭でも育てることになりました!

はたしてちゃんと育てられるのか…?

最終的には藍染めしたものをお見せできるようスタッフみんなで育てます。

ブログで成長過程をご報告しますのでぜひ成長を見守ってください(><)

ainotane1.jpg

▲ポップを作ってくれたスタッフK山さんも温かく見守ります♪