NHKさいたまブログ

岩崎 愛

きょうは、ことばさいたま~ずさんと題して、埼玉県の“方言漢字”をご紹介しました。
ゲストは、八潮の地名から学ぶ会 事務局長の昼間良次(ひるま・りょうじ)さんです。

210415_thum.jpg

方言漢字とは、各地に存在する地域性を持つ漢字です。
埼玉県には、各地域の歴史と文化を反映した地域限定の特殊な漢字がたくさんあるんですよ。

【続きを読む】

今週は‟青天を衝け”スペシャルと題して、キャストの皆さんのインタビューをお届けしています。
本日のゲストは、尾高長七郎役の満島真之介さんです。

210401_thum.jpg
※満島さんにサインを書いていただきました。

【続きを読む】

その道の達人に「埼玉県のトリビア」を教えてもらう「彩たまDEEP」
ゲストは、渋沢栄一史料館 館長 井上潤さんです。

wed_deep_inouejun.jpg
渋沢史料館で所蔵する渋沢に宛てた書簡をひもとき、渋沢の交流関係について語ります。

今回は、歴史の教科書でもおなじみの伊藤博文、勝海舟、大久保利通らとの関係についてです。

埼玉のめぐみいただきますのコーナー。

ゲストは野菜ソムリエプロの牧野悦子(まきの・えつこ)さんでした。

210316_thum1.jpg

 メイン食材は“こんにゃく”

こんにゃくは、昔から「おなかの砂おろし」「胃腸のほうき」などと呼ばれ、整腸作用があることでも知られるサトイモ科の植物です。1000年を超える食用の歴史があるこんにゃくですけれども、なんと埼玉県のこんにゃく収穫量は全国6位。トップクラスなんですよね。

特に小鹿野町での生産が盛んだそうです。
食物繊維が豊富で、低カロリーなこんにゃくのおいしいレシピをご紹介いたします。 

 

【続きを読む】

毎週月曜日にお届けしている音楽コーナー「彩たまの音」
最終回のゲストはJAY'S GARDEN 櫻田範稔さん・山田裕介さんです。

210315_thum.jpg

08年結成のJ-POPボーカルグループ。結成当初から関東各地でライブやイベントを行い、13年「頑張っていこうぜ」でメジャーデビュー。その後、結成地・所沢市で所沢観光大使に任命されるなど、活躍の幅を広げています。

「日刊!さいたま~ず」のジングルも実はみなさんの楽曲です。
10年あまりお送りしてきた音楽コーナー「彩たまの音」感動の?最終回!!

JAY'S GARDENの皆さんへのメッセージはこちらから♪

さいたま~ずスペシャル

3月11日は「さいたま~ずSP」、ゲストは埼玉県労働者福祉協議会 永田信雄さん、琴奏者 大川義秋さんです。 

210311_thum.jpg

さいたま~ずは、震災の年に「絆」のコーナーを立ち上げ、県内の被災者に向けて、永田さんのお話をうかがってきました。

また、「琴メン」として知られ、埼玉県に福島から移住してきた大川さんは、この日、福島で演奏します。

それぞれの10年について振り返ります。

今週の日刊!さいたま~ずは渋沢Week
ゲストは渋沢史料館 館長 井上潤さんです。
wed_deep_inouejun.jpg

官僚から実業家になった渋沢栄一は、日本初の株式会社を設立。
その後、600にものぼる教育機関、社会公共事業の支援や民間外交なども積極的に進めてきました。

第一線で活躍する渋沢を、陰ながらサポートしてきた仲間をご紹介します。

彩たまDEEP

その道の達人に、埼玉のトリビアを教えてもらう「彩たまDEEP」
今回は、大河ドラマ「青天を衝け」の主人公”渋沢栄一”が大切にしていた”青い目の人形”を中心にお話いただきました。

ゲストは、埼玉県立歴史と民族の博物館、学芸員の杉山正司(すぎやま・まさし)さんです。

210210_thum.jpg

【続きを読む】

2021年02月09日 (火)

2/9予告「コロナ禍の服装術」

彩たまライフ

暮らしに役立つ様々な情報を教えていただく「すっきりライフ」コーナー。ゲストは、ライフオーガナイザーのかわさき真知さんです。

tue_life.jpg

在宅時間が増え、外出する機会が減った今は、洋服の整理をするチャンスです。

クローゼットの片付け方や衣類の処分術を紹介します。

 

彩たまの音

きょうのゲストは、埼玉県行田市出身のシンガーソングライター、潮崎ひろのさんでした。
210208_thum.jpg

潮崎さんのモットーは「やさしい歌をみんなに」。
トイピアノの音色と、潮崎さんのキュートな歌声が交ると、まさに優しい雰囲気に包まれていくような気持ちになります。

コロナ禍の今は、配信ライブを精力的にやっており、動画投稿サイトYouTubeでは「ひろのテレビ」を立ち上げ、ライブ配信ができるツイキャスでは「おやすみニャンコキャス」で、生配信を続けています。

東日本大震災が発生してからは、行田市にある忍城(映画”のぼうの城”の舞台となった城)で 毎月、被災した方を想って歌い続けています。
チャリティイベントでの義援金は、直接、気仙沼に持って行かれているということで、コロナが落ち着いたら、絶対に義援金を渡したいと力強くお話されていたのが印象的でした。

きょうお掛けした曲です。
 ♪忘れないでいるよ
 ♪赤い靴
 ♪amulet