NHKさいたまブログ

2022年10月の投稿

きょうの「ひるどき!さいたま~ず」は、川柳コーナー「詠むさいたま~ずさん」
相良博鳳(さがらはくほう)さん・敬泉(けいせん)さんとお伝えしました♪

今月のお題は、「支える」

今回は全国の皆さんから169句が届きました!うれしいです♪
皆さま、いつもありがとうございます!
それでは、受賞作品の発表です。

20221028thum.jpg

【続きを読む】

食欲の秋、『おいしい料理が食べた~い!』ということで、今日のゲストは、さいたま市出身で料理家・管理栄養士の長谷川あかりさんです。
子ども時代は Eテレ『天才テレビくんMAX』てれび戦士として活躍されていました。
221027_thum.jpg

【続きを読む】

「ひるどき!さいたま~ず」水曜日、きょうは【スッキリさいたま~ずさん】。

ゲストは埼玉県在住のライフオーガナイザー・山口香央里(やまぐち・かおり)さんでした。

221026_thum.jpg

【続きを読む】

きょうは「大河ドラマ≪鎌倉殿の13人≫をもっと知りたいさいたま~ずさん」!

制作統括の清水拓哉チーフプロデューサーにお話を伺いました。

221021_thum.jpg

【続きを読む】

【ジョイントするさいたま~ずさん】
ゲスト:タレント 松井咲子(まつい・さきこ)さん
元AKB48のメンバーで、現在はタレント、ピアニストとしても活動する蕨市出身の松井さん。
来月に予定されている栄東中学・高等学校吹奏楽部とジョイントコンサートを前に1年ぶりの生出演が実現!!!
他のメディアでは語られてない高校時代のエピソードは必聴です!
221020_1thum.jpg

【続きを読む】

「ひるどき!さいたま~ず」水曜日、きょうは【読むさいたま~ずさん】。

ゲストは桶川市にあるさいたま文学館学芸員の大明敦(だいみょう・あつし)さんでした。

221019_thum.jpg

【続きを読む】

「鉄道の日」にちなんで、「踏切」にフォーカス!

都心と郊外を結ぶ鉄道路線が放射状に延びる埼玉県内。鉄道会社各社は「踏切事故」の対策に取り組んでいます。識者と現場の声を踏まえ、子どもたちの踏切事故を防ぐために、どんな点に気をつければよいかを考えました。

221014_thum.jpg

写真左から、江口さん、大野、犬塚さん、金田さん。

【続きを読む】

今日は『歴史を語るさいたま~ずさん』
ゲストは大東文化大学文学部教授・宮瀧交二(みやたきこうじ)さんです。半年ぶりのご出演となりました。
221013_thum.jpg

【続きを読む】

「ひるどき!さいたま~ず」水曜日。きょうは【奏でるさいたま~ずさん】ゲストに熊谷市在住の打楽器奏者・細野幸一(ほその・こういち)さんをお迎えしました!ゲストMCは吉武大地(よしたけ・だいち)さんでした。

221012_thum.jpg

みんなで水の入ったペットボトルをもってパチリ!詳しくは聴き逃し配信で♪

【続きを読む】

さいたま局からのお知らせ

先日の、さいたま市の小学生女子のみなさまの素敵な5タッチ、

ご覧いただけましたか?

皆さんのアレンジ、とっても素敵でしたよね!

 

「サッカーのまち さいたま」での「女子」の撮影と連動して、

埼玉県を代表するこの女子選手も、5タッチに挑戦してくれました!!!

 

三菱重工浦和レッズレディース・猶本 光(なおもと ひかる)選手です!

naomoto1.png

サイちゃんタマちゃんと一緒に写真も撮ってくださいました!

サイちゃん、カメラも下ろして写真撮影楽しんじゃってる・・・(笑)

 

猶本選手もオリジナルの5タッチを披露してくれました!

足の側面でタッチするときに、地面と平行にするのがポイントだそうですよ!

サッカーに励む皆さま、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

最後に、埼玉県のみなさまに向けて、猶本選手からこんなコメントもいただきましたよ!

 

投稿はこちらから!老若男女問わず、サッカーを楽しむ皆さまのアレンジ動画をお待ちしています!

みんなの5タッチ | NHK

 

きょうは「地域を愛するさいたま~ず」!前半はJ:COM LIVEニュースのMCを担当している「和田琢磨さん」にご出演いただきました。

221007_thum1.jpg

【続きを読む】

みんなの5タッチ

9月17日(土)、「みんなの5タッチ」 の撮影を行いました!

「みんなの5タッチ」 は、サッカーのリフティング動画を募集する企画で、

決まりごとは、ボールに5回タッチすることだけ!アレンジは自由です。

091751.jpg

今回が、さいたま放送局にとって記念すべき最初の撮影。

サイちゃんタマちゃんを連れて向かった先は、

“サッカーのまち さいたま” でおなじみ、さいたま市。

緑区にあるレッズハートフルフィールド駒場で

サッカーに励む小学生女子の皆さんが集まる、

月に一度の貴重な練習会にお邪魔し、

練習の一環として、撮影をさせていただきました!

09175.jpg

今回は40名の皆さんに撮影にご参加いただき、

オリジナリティあふれる「5タッチ」を披露してくれました!

『この撮影に向けて、娘がリフティング練習してました~(笑)』 という

裏話(?!)も保護者の方から聞くことができたり、練習中のひらめきで、

『この5タッチやってみても良い?!』 と

アレンジした5タッチにチャレンジしてくれたりと

とても盛り上がった撮影になり、伺った私たちも、とても嬉しかったです。

 

さいたま市では、女子サッカーの活性化に向けて、

今回お邪魔した練習会のような取り組みを行っているとのことです。

毎年ゴールデンウィークには、サッカーの素晴らしさを体験するとともに、

技術の向上と、女子サッカーの普及拡大を目的として、

女子中学生の年代を対象に、

「SAITAMA GIRLS MATCH」という大会も開催されています。

WEリーグも昨年発足されましたし、

今後一層さいたま市の女子サッカーが盛り上がっていくといいですね!★

 

以下のリンクより、未来のWEリーガーたちによる5タッチをお楽しみください!

(1つの動画で10名の5タッチをご視聴いただけます)

 

今日は、笑ってさいたま~ずさん。
ゲストは大宮セブンからお笑いコンビ『タモンズ』
大波康平(おおなみこうへい)さん
安部浩章(あべひろあき)さんです。

thum1006.jpg

【続きを読む】

今日は「子どもを守るプロジェクト」いじめを防ぐために。
ゲストに、さいたま市のスクールロイヤーを務める弁護士の布施 俊輔さん埼玉県のスクールカウンセラーで、公認心理師・臨床心理士の美和 健太郎さんを迎え、子どもたちの声を交えて「いじめ」について考えました。

221005thum.jpg

 写真左が美和さん、中が布施さん、右が大野

【続きを読む】

さいたま局からのお知らせ

10月3日(月)、「NHKアナウンサーの防災教室」と題して、坂戸市で防災教室を実施しました。

 

当日の司会は徳永圭一アナウンサー。徳永アナは前任地が岡山放送局で、着任した2018年6月の翌月には西日本豪雨を経験し、復興に向けた放送に長く携わりました。

 1_wm_1440x1080.png

 

防災教室に参加したのは・・・地域の防災・減災活動に取り組む約70人の方々です。

 2_wm_1440x1080.png

 

この日は自主防災組織のリーダーたちが一堂に会して防災・減災を考えました。

自主防災組織・・・「自分たちの地域は自分たちで守る」という意識を持ち、地域のために普段から防災・減災活動に取り組む自主的な組織です。(坂戸市HPより)

 

坂戸市には109の自主防災組織があるそうです。

 

講義では「ことばが命を救う」をテーマにクイズや映像、ハザードマップを交えながら学びました。坂戸で記録的な大雨情報が出たことを想定し、「命を守る呼びかけ」を実際に参加者の皆さんに考えてもらいました!

 

皆さん、真剣に書いてくれています。「大切な家族」「近所の人」「一人暮らしの人」などに向けた呼びかけなど、それぞれの良案がたくさんでました。

 3-1_wm_1440x1080.png

3-2_wm_1440x1080.png


講演後に実際見せてくれた写真がコチラ。

 4-1_wm_1440x1080.png

 4-2_wm_1440x1080.png

4-4_wm_1440x1080.png

4-5_wm_1440x1080.png

4-6_wm_1440x1080.png

 

 

「まさか自分が」「自分だけは大丈夫」「前も大丈夫だったから今回も大丈夫だろう」という“思い込み”

正常性バイアス』と呼ばれる心の働きです。

災害が起きるという予測が出ていても、この“思い込み”によって、避難をしないという行動につながってしまうことがあります。 

そこで「ことば」による呼びかけが大切だということを参加者に皆さんにお伝えしました。

 

2019年にNHK放送文化研究所が実施した大規模調査では、あなたの避難行動を後押しすることは?という問いに対し、最も多かったのは周囲の状況から危険を感じたでしたが、その次は消防団や、家族知人などからの促しが多かったという結果がでています 県外の事例ですが、有線放送を使った自治会長の呼びかけで効果的であった事例もお示ししました   

11.png

 

 

参加してくださった自主防災組織連絡協議会の伊藤会長は「防災は忘れがちになるが、防災の大切さを再認識した。本日の参加者は自主防災組織の出席だったが、今回の講義内容を地域に広げていきたい。」などと話されていました。

5_wm_1440x1080.png

 

今回の防災教室が、少しでもご自身やご家族、そして近所の方々の命を守る行動につながったら嬉しいです。

NHKさいたま局ではこれからも「水害から命と暮らしを守る」活動を続けていきます!

 

(最後に・・・・)

講義でも紹介したものの中で、NHKでは災害報道に備えてNHKアナウンサーが改善を重ねてきた呼びかけの文言、および音声を公開しています。地域の防災減災にご活用ください。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/suigai/yobikake/