NHKさいたまブログ

2021年7月 9日の投稿

今日のひるどき!さいたま~ずは、川口市・蕨市の情報満載でお送りしました♪

蕨市からスタートした埼玉県内での聖火リレーも無事すべて終わりましたね。新型コロナウイルスの影響で、さいたま市と川口市では公道でのリレーが中止となり非常に残念でしたが、代わりにさいたま新都心公園で聖火をつなぐ点火セレモニーが行われました。

今日の放送では、セレモニーに参加した川口市の聖火ランナー鈴木昭重さん(86)と電話をつないでお話し伺いましたよ。

実は鈴木さん、57年前の東京オリンピックで使用された“聖火台”を制作した家族の一人。中心となったのは父・萬之助さんと三男の文吾さんですが、最後の一か月は、木型職人の昭重さんも一緒に手伝ったといいます。その聖火台に込められた思いを語っていただきました。ちなみに、一回目に失敗した聖火台は、現在川口市の青木町公園に設置されています。

埼玉で魅力あふれる活動を行うさいたま~ずさんをゲストの方に紹介してもらい”彩たまの輪”を広げていく「つながるさいたま~ずさん」では、川口市在住「川口大好き」という小倉美保さんに、運営するブックカフェココシバの魅力を伺いました。

210709_1thum.jpg

【続きを読む】

【さいたま局から】

7月9日(金)放送の「ひるまえほっと」

”藍のたねプロジェクト”について紹介する企画を放送しました。

その中で、深谷市立岡部西小学校のたたき染め体験の様子や、オンライン交流授業の様子などをご紹介しています。

こちらからぜひご覧ください!

 

 夏休みから秋にかけては、台風や洪水など「水」にまつわる災害が多発する季節。NHKでは、テレビ・ラジオで「災害」発生時に「命」にかかわる情報を「伝える」だけでなく、地域に存在する「危機」を認識していただき、いざというときに役立つ「知恵」を身につけていただくことで、より多くの人の「命を守りたい」と、オンラインによる防災ミーティングを開催しています。

今回のテーマは荒川。この時期「川」の災害について学びませんか?

 今後の新型コロナウイルスの感染状況や荒天の影響により、中止や以下の内容を変更させていただく場合があります。

 

【日時】7月17日(土) 

              開始:午後3時30分 終了予定:午後5時

※オンライン接続の開始時刻など、詳細は別途、お知らせメールにてご案内します。

 

【出演予定】天狗(漫才)、山神明理(気象予報士)、自然災害や避難についての専門家 

tengu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【司会】泉 浩司アナウンサー(NHKさいたま)

【内容】 

 第1部 「夏休みかわ知り教室」

                    近くにある「川」について知ろう!学ぼう!

   第2部 「いざというとき どう逃げる!? 学ぼう避難生活」

 

【参加申込】 参加は無料ですが、事前に申し込みが必要です。NHKサイトの専用申し込みフォームからお申し込みください。

 [PC・スマホ]https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0344588/index.html

  (締め切り)7月13日(火)午後11時59分

 *ご応募にあたっては、申し込みサイトの注意事項をお読みください

 

 

【参加の注意点】  

※インターネット環境が必要です。カメラ付きのパソコン・タブレット・スマートフォン等をご用意ください。

※このイベントはオンラインコミュニケーションツール「Teams」を使用して、NHKのスタジオと当選者のパソコン等端末を接続します。

※このミーティングの開催の様子や、ここで話し合われた内容・いただいたご意見について、NHKの放送やインターネットなどを通じて紹介させていただく場合があります。

※当選通知メールの紛失や、情報が流出した場合には、参加権利を失う場合があります。申し込み者の責任において厳重な情報管理をお願いします。

※本公演は時間通りの接続のみで、見逃し配信や追いかけ配信はございません。

※インターネット回線やシステム上のトラブルにより、配信映像や音声の乱れ、公演の一時中断・途中終了の可能性がございます。その際は、トラブルの内容に応じて都度お知らせをさせていただきます。

 

主催・問合せ:NHKさいたま放送局

(電話048-833-2041 平日午前10時~午後5時)

協力:埼玉県防災学習センター