NHKさいたまブログ

2021年3月17日の投稿

その道の達人に「埼玉県のトリビア」を教えてもらう「彩たまDEEP」
ゲストは、渋沢栄一史料館 館長 井上潤さんです。

wed_deep_inouejun.jpg
渋沢史料館で所蔵する渋沢に宛てた書簡をひもとき、渋沢の交流関係について語ります。

今回は、歴史の教科書でもおなじみの伊藤博文、勝海舟、大久保利通らとの関係についてです。

埼玉のめぐみいただきますのコーナー。

ゲストは野菜ソムリエプロの牧野悦子(まきの・えつこ)さんでした。

210316_thum1.jpg

 メイン食材は“こんにゃく”

こんにゃくは、昔から「おなかの砂おろし」「胃腸のほうき」などと呼ばれ、整腸作用があることでも知られるサトイモ科の植物です。1000年を超える食用の歴史があるこんにゃくですけれども、なんと埼玉県のこんにゃく収穫量は全国6位。トップクラスなんですよね。

特に小鹿野町での生産が盛んだそうです。
食物繊維が豊富で、低カロリーなこんにゃくのおいしいレシピをご紹介いたします。 

 

【続きを読む】