ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

高野豆腐おろし煮

高野豆腐のおろし煮
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

【二人分】

  • 高野豆腐 ・・・ 3枚
  • ブロッコリー(小分けにする) ・・・ 1/6房
  • ごぼう ・・・ 5cm
  • かたくり粉 ・・・ 適量
  • 揚げ油 ・・・ 適量
  • 【調味液】
    だし ・・・ 1/2カップ
    しょうゆ ・・・ 大さじ2
    みりん ・・・ 大さじ2
    砂糖 ・・・ 小さじ1
    たかのつめ ・・・ 1本
  • 大根(すりおろしたもの) ・・・ 1/2カップ

作り方


(1) 高野豆腐ぬるま湯に20分ほど浸して戻し、水気を切る。


(2) (1)と食べやすい大きさに分けたブロッコリーと
 斜め薄切りにしたごぼうかたくり粉をまぶす。


(3) 170℃の油で、高野豆腐はカリッとするまで3分ほど、
 ブロッコリーは鮮やかな緑色になるまで10秒ほど揚げる。


(4) 大根をすりおろす

【ポイント!】大根すり下ろし方で辛味を調節する!
  1. 大根をおろすことによってできる「イソチオシアネート」という辛味成分は、殺菌作用や解毒作用、抗炎症作用があるといわれます。
  2. 直角にの字でゆっくり → 辛味成分の流出を抑え、水分は少なめ
  3. 直角に前後に力を入れて → 辛味成分の流出を促し、水分が多め

(5) 鍋に【調味液】を入れて沸かす。
(3)で揚げた高野豆腐を鍋に入れて5分ほど煮て、
 最後に(4)おろした大根を加え大根が温まったら器に盛り付け
(3)で揚げたブロッコリーごぼう添える。

【ポイント!】大根は一番最後にいれる!
  1.  大根が含む消化酵素は熱に弱いので、一番最後にいれましょう

【大根栄養】
大根にはアミラーゼプロテアーゼリパーゼなどの消化酵素が含まれています。
  1. ◆ アミラーゼ(でんぷん分解酵素)
  2. ◆ プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素)
  3. ◆ リパーゼ(脂肪分解酵素)
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ