ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

パプリカの黒こしょう炒め

パプリカの黒こしょう炒め
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

【二人分】

  • 赤パプリカ ・・・ 1コ
  • 黄パプリカ ・・・ 1/2コ
  • ピーマン ・・・ 1コ
  • 白ねぎ(斜め薄切り) ・・・ 1本
  • にんにく(みじん切り) ・・・ 1かけ
  • 牛肉 ・・・ 150g
  • 塩・粗びき黒こしょう ・・・ 各適量
  • 酒 ・・・ 小さじ2
  • 【合わせ調味液】
    しょうゆ ・・・ 小さじ2
    砂糖 ・・・ 小さじ2
    水 ・・・ 小さじ2
    片栗粉 ・・・ 小さじ1
  • サラダ油 ・・・ 大さじ1

作り方


(1) 白ねぎ斜め薄切りにする。パプリカは一口大の乱切りにする。
 ピーマンはパプリカよりやや小さめの乱切りにする
 にんにくみじん切りにする。


(2) 牛肉は1cmほどの幅になるように切り、
 軽く塩・粗びき黒こしょうをふる。
 フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、
 牛肉の両面をこんがりと焼き、一旦取り出す。


(3) フライパンをきれいにしてサラダ油大さじ2を熱し、
 にんにくを加える。香りがたったら長ねぎを加えて炒め、
 パプリカとピーマンを加えて強火で炒める。
 牛肉を戻し入れ、酒を回しかけ、
 さっとあえたら【合わせ調味液】を加え、
 手早く混ぜながら全体に味を絡める。

【ポイント!】パプリカ・ピーマンは油で炒める!
  1.  ビタミンCといえば熱に弱い栄養素ですが、
  2.  パプリカやピーマンに含まれているビタミンCは熱に強いことが特徴です。
  3.  パプリカやピーマンは生食でも食べられますが、
  4.  吸収率を高めるために油を用いて加熱するのもオススメです。

【パプリカ】
  1. パプリカの特長はビタミンCの豊富さで、美肌効果が優れています。
  2. 100g中150μgと、緑ピーマンの1.9倍ほども含んでいます。
  3. また、肌の老化予防が期待されるルテインの含有量が高いのも特徴です。
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ