ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

豚肉のアップルジンジャーソテー

豚肉のアップルジンジャーソテー
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

【2人分】

  • 豚肩ロース肉 ・・・ 200g
  • 酒 ・・・ 大さじ2
  • しょうが汁 ・・・ 大さじ1
  • <味付け用のたれ>
     りんご(すりおろす)・・・ 大さじ1
     しょうが(すりおろす)
     (※しょうが汁をとったあとのもの)
    ・・・ 適量
     はちみつ ・・・ 大さじ1
     しょうゆ ・・・ 大さじ2
  • サラダ油 ・・・ 適量
  • 付け合わせ野菜 ・・・ 適宜

作り方


(1) 豚肉はバットなどに広げ、常温で酒としょうが汁に漬けこむ。

【ポイント!】下ごしらえには、肉をやわらかくする酒としょうが汁だけに
       漬け込みましょう!
  1. 塩分、糖分の入った調味料で下味をつけません。
  2. 塩やしょうゆなどの塩分は、
  3. 浸透圧により肉の水分を外に出して硬くさせてしまいます。
  4. また、糖分はこげやすい原因になります。

(2) <味付け用のたれ>をつくっておく。

【ポイント!】りんごの高い効果を得るには皮ごとすりおろしましょう。
  1. りんごの効果の中でも有名な<【りんごポリフェノール】が、
  2. 果肉の部分より、皮の部分に多く含まれているからです。

(3) フライパンを温め、油をひいて豚肉を焼く。
最初は中火。豚肉の表面に水分が出てきたらひっくり返し、
弱火にしてもう片面をじっくり焼く。


(4) 最後に<味付け用のたれ>を回し入れ、丁寧にからめる。


  1. はちみつには優れた殺菌作用、ビタミン類、基礎体力を回復する作用が含まれています。 特に、風邪のときには咳止めや痰切れを良くする効果が期待できます。
  2. しょうがには血行促進、免疫力向上、体を温める、発汗作用、解熱、抗菌、抗ウイルス、 咳を鎮めるなど風邪に良い効能が豊富に含まれています。
  3. ★りんごのすりおろしと一緒に、はちみつやしょうがなどの食材を一緒に摂ることでさらに風邪への効果を高めることができます。
【りんごポリフェノール】の効果と効能
  1. 【1】抗酸化作用
      (エピカテキンと呼ばれるポリフェノール効果のため。)
  2. 【2】高血圧や眼精疲労の予防効果
      (アントシアニンというポリフェノールの効能のため。)
  3. 【3】肥満予防、アレルギー予防効果。がん細胞の生成を抑制する効能
      (プロシニアジンと呼ばれるポリフェノールの一種の効能のため。)
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ