ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

秋なすつくだ煮風

秋なすのつくだ煮風
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

【2人分】

  • なす ・・・ 3本
  • 生しいたけ ・・・ 4枚
  • <合わせ調味料>
     砂糖 ・・・ 大さじ2
     赤みそ ・・・ 大さじ2
     みりん ・・・ 大さじ2
     しょうゆ ・・・ 大さじ1
  • 揚げ油 ・・・ 適量
  • 赤とうがらし(輪切り) ・・・ 適量
  • かつお節・いりごま ・・・ 各適量
  • しその葉 ・・・ 4~5枚

作り方


(1)なすへた切り、縦2つに切ってさらに1cm角に切る。

【ポイント!】なす調理の直前に切る!
  1. なす切り口が空気に触れるとあくで変色するため、
  2. 調理の直前に切りましょう。

    しいたけ石付きを切り落とし、なす同じ大きさに切る。



(2) 揚げ油を170~175度の高温に熱し、
なす水気をよく拭いて、しいたけ一緒に揚げる。
1分ほど揚げたら取り出し、油を充分にきる。

【ポイント!】なすは油で揚げよう!
  1. なす含まれる栄養素ナスニンは油との相性がよく、
  2. 油分と一緒に食べると体への吸収率がアップします。


(3) フライパンに<合わせ調味料>を入れて弱めの中火にかけ、
木べらでなめらかになるまで練る。
その後、赤とうがらし(2)を加える。
火を止めてから、かつお節・いりごまを加えて混ぜる。



(4) (3)を器に盛り、
せん切りにし、水に10分ほどさらして水気を切った
しその葉を添える。


【なすの栄養】
  • なすは実の部分には豊富なカリウムがあり、むくみ解消効果がある。
  • 皮にはアントシアニンクロロゲン酸などの抗酸化物質のポリフェノールを多く含んでいる。
  • この抗酸化物質の作用によって、老化防止や夏の間に日焼けした肌を再生してくれる効果がある。

  • 【秋なすの特徴】
  •  皮が薄く柔らかい
  •  種が少なく美味しい

  • 《豆知識》
  • 糖質からエネルギーをつくり出すときに役立つビタミンB1
  • かつお節やごまにはビタミンB1が豊富に含まれているため、ご飯のお供にぴったり。