ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

ねぎ塩ゆずこしょうチキン

ねぎ塩ゆずこしょうチキン
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

【2人分】

  • 鶏もも肉(小) ・・・ 2枚
  • 塩・こしょう ・・・ 各適量
  • <塩ねぎ>
     白ねぎ ・・・ 1本
     ゆずこしょう ・・・ 小さじ1/2
  • 好みの生野菜 ・・・ 適宜

作り方


(1) 鶏肉は常温に戻し、塩・こしょうをすり込む。
(塩は肉の重量の1%が基本)

【ポイント!】鶏肉は常温でおきます。
        調理する30分前には冷蔵庫から出しておきましょう。

        冷蔵庫から取り出してすぐの肉を調理すると、
        表面だけ焼けてしまい中まで火が通らない生焼けになり、
        火を通そうとすると加熱時間が長くなり
        固くなってしまいます。
【ポイント!】皮は少なめに、身は多めに塩を振ろう。

(2) 冷たい状態のフライパンに(1)を皮目から入れ中火で焼く。

【ポイント!】肉をフライパンに入れてから加熱することで、
        肉がフライパンに密着し、そり返らず、皮がパリッと焼ける。


(3) フライ返しやトングなどで鶏肉を
しばらくフライパンに押し付けながら焼く。

【ポイント!】出てきた脂を肉に回しかけながら焼きましょう。

(4) 皮に焼き目がしっかりついたら返して、アルミホイルをかぶせ、
肉の表面から透明な肉汁がしみ出てくるまで焼く。
(火が通っているか心配な人は竹ぐしを刺して確認しましょう)

【ポイント!】アルミホイルは、ふんわりとかぶせましょう。
        蒸気が逃げてカリッと焼きあげることができます。


(5)網を敷いたバットに(4)を取り出し2分ほど落ち着かせる。


(6)ねぎ塩を作る。
白ねぎは粗みじん切りにする。
肉汁の残った(4)のフライパンにみじん切りにした白ねぎを加え、
しんなりするまでサッと炒める。
仕上げにゆずこしょうを加える。

【ポイント!】白ねぎは加熱しましょう。辛みがなくなり甘くなります。

(7)皿に(5)をのせ好みの生野菜を添えて、ねぎ塩(6)をかける。


▲ ページの先頭へ