刻み浅漬け冷やし麺

刻み浅漬け冷やし麺
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

【2人分】

  • そうめん ・・・ 2人分
  • ごま油・塩 ・・・ 各少々
  • きゅうり ・・・ 2本
  • オクラ ・・・ 1本
  • 大葉 ・・・ 3枚
  • 新しょうが ・・・ 1かけ分
  • 昆布茶(粉末) ・・・ 小さじ1/4
  • しょうゆ ・・・ 小さじ2
  • 塩 ・・・ 小さじ1
  • <トッピング>
  •   細ねぎ ・・・ 2本
  •   油揚げ ・・・ 1枚
  •   ちりめんじゃこ ・・・ 小さじ2
  •   梅干し ・・・ 大1コ
  •   白いりごま ・・・ 小さじ2
  • かんきつ類(すだち、レモンなど)
                 ・・・ 適量

作り方


(1) きゅうり、オクラ、大葉、細ねぎ、新しょうがは、
すべて粗みじん切りにする。
細ねぎはトッピングに使うのでとっておく。


(2) ボウルに、塩水(水カップ1に塩小さじ1)を作り、
(1)のねぎ以外の野菜を入れる。

【ポイント!】野菜を“立て塩(約3%の塩水)”に5分漬けこもう!
  塩分濃度が海水程度の塩水を、“立て塩”といいます。
  “立て塩”につけてしんなりさせることで、
  塩分が濃くなりすぎずに、野菜全体に適度な塩分がまわります。

(3) ボウルに、水気を良くきった(2)を入れ、
昆布茶をふりかけ、しょうゆで味をととのえる。

【ポイント!】野菜に昆布茶を加えよう!
  昆布茶で簡単にだしの味つけが出来ます。

(4) 油揚げは熱湯をかけ、油抜きをする。
水気をしぼり、トースターでカリっとなるまで焼いた後、
あられ切り(5mm角)する。


(5) そうめんを ゆでたら、よく水気をしぼり、
ごま油と塩少々で和え、器に盛りつける。
(3)、(4)、ちりめんじゃこをのせる。
梅干しをちぎってのせ、白いりごま、ねぎを散らす。


(6) 食べる時にかんきつ類の搾り汁をかけ、
混ぜながら召し上がれ!


▲ ページの先頭へ