アスパラガスの混ぜピラフ

アスパラガスの混ぜピラフ
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

…2人分

  • グリーンアスパラガス
           ・・・ 1束(5・6本)
  • 卵 ・・・ 2コ
  • バター ・・・ 大さじ2
  • 塩 ・・・ 少々
  • しょうゆ ・・・ 小さじ1
  • 温かいごはん ・・・ 2人分
  • 黒こしょう(粗びき) ・・・ 少々
    1. アスパラのマヨネーズ焼き
       グリーンアスパラガス
              ・・・ 1束(5・6本)
       しょうゆ ・・・ 少々
       トマト(スライスしたもの)
                 ・・・ 2~3枚
       マヨネーズ ・・・ 大さじ1
       粉チーズ ・・・ 適量
       レモン汁・パセリ ・・・ 適量

作り方

(1) グリーンアスパラガスは下の固い部分を1cmほど切り落とし、
下から1/3ほどの長さまで皮をピーラーで薄くむき、
2cm長さに切る。


(2) 卵は溶きほぐし、塩少々を加えて混ぜておく。


(3) フライパンに半量のバター(大さじ1)を入れて強火にかけ、
(2)を一気に流し入れる。。
大き目のいり卵にし、一旦、器に取り出す。


(4) (3)のフライパンに残りのバター(大さじ1)を入れて、
中火で(1)を炒める。
グリーンの色が鮮やかになったら塩、しょうゆを加え、
更に(3)の卵を戻し入れて、さっと炒め合わせる。

アスパラガスはゆでずにじかに炒めましょう。
 じかに炒めるとアスパラガスの甘味や香りを逃すことなく
 美味しく仕上がります。

(5) 温かいご飯と(4)を混ぜ、
器に盛って黒こしょうで味をととのえる。

ご飯はやや固めに炊いておくようにしましょう。

    アスパラのマヨネーズ焼き
     (1) グリーンアスパラガスは根元を切り落とし、
       堅い部分は皮をむく。しょうゆをまぶす。

     (2) 耐熱皿にスライストマトを並べ、(1)をのせる。
       マヨネーズをかけ、粉チーズをふりかける。

     (3) トースターで表面に焼き色がつくまで焼く。

     (4) 焼きあがったら最後にレモン汁と
       パセリのみじん切りをふりかけて仕上げる。
▲ ページの先頭へ