ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

県内の催し、お知らせ

 
佐賀県がん患者・家族のつどいの会

がん患者や家族などが語り合う交流会が、佐賀市で開かれます。

不安や悩みを語り合うことに加え、治療や薬のことなどについて、臨床心理士や、がん相談員に個別相談することもできます。
また、交流会の前には、ほのかな香りでリラックス効果が期待できるアロマを使ったろうそく作りで、参加者同士が打ち解けられるようワークショップを行います。

日時 7月21日(日) 午後0時30分 受付開始
    【ワークショップ】午後1時~、【交流会】午後2時~午後4時
参加 無料(定員 30人) (※7月19日(金)までにお申し込みください)
場所 佐賀メディカルセンタービル3階 研修室 (佐賀市 水ヶ江)
問い合わせ がんの悩み相談ダイヤル 0120-246-388
 [受付] 月曜~金曜の午前9時30分~午後1時、午後2時~午後4時半30分

 
聴こえのセミナー

佐賀市で聴こえに関するセミナーが開かれます。

耳鼻咽喉科の医師、小宗 静男こむね しずおさんが、聴力に関して不安・悩みがある人や補聴器をつけても聞きとりづらい人などに向けて、
人工内耳をはじめとする、補聴器とは違う「聴こえ」の可能性について説明し、個別相談会も行います。

日時 7月28日(日) 午後1時30分~午後3時
参加費 無料 (※ 7月20日(土)までに予約が必要です)
場所 佐賀市保健福祉会館「ほほえみ館」4階 視聴覚室 (佐賀市 兵庫北)
申し込み
問い合わせ
佐賀県聴覚障害者サポートセンター 【TEL】0952-40-7700【FAX】0952-40-7705

 
2019さが総文特別展「中林梧竹 受け継がれる書の心」

唐津市近代図書館で、特別展「中林梧竹なかばやし ごちく 受け継がれる書の心」が開かれます。
これは唐津市が、全国高校総合文化祭「さが総文」の書道部門の会場となっていることから開かれるものです。

明治時代の書家で、小城市出身の中林 梧竹の代表的な書の作品や、筆やすずりなどの遺品、およそ50点が展示されます。
また、7月27日(土)の午前11時からと午後1時半からの2回、小城市にある中林梧竹記念館の学芸員、田久保 佳寛たくぼ よしひろさんによるギャラリートークもあります。

会期 7月13日(土)~8月4日(日) 午前10時~午後6時
  (※ 7月15日(月・祝)・22日(月)は休館)
入場料 一般:200円/高校生以下は無料
  (※ 唐津市内の75歳以上の人:100円(唐津市のシルバーカードや健康保険証などを提示))
場所 唐津市近代図書館 (唐津市 JR唐津駅南口)
問い合わせ 唐津市近代図書館 0955-72-3467

 
NHK厚生文化事業団「認知症とともに生きるまち大賞」募集

NHK厚生文化事業団では、「認知症とともに生きるまち大賞」を募集しています。

「認知症とともに生きるまち大賞」は、認知症の人がいきいきと暮らせるための活動を行っている団体やグループを表彰するものです。
自薦・他薦、活動の規模や形は問いません。認知症の当事者とともに、地域を巻き込みながら行っている、先駆的な取り組みをお寄せください。
詳しくは、NHK厚生文化事業団のホームページまたは、電話にてお問い合わせください 。


応募締切 8月31日(土)必着
問い合わせ NHK厚生文化事業団 03-3476-5955 (※ 平日午前10時~午後6時)

 
夏季企画展「トイレのナゾを追え!! ―肥前名護屋のかわや雪隠せっちん―」

“トイレ”をテーマにした企画展が、唐津市の県立名護屋城博物館で行われます。

トイレを意味する言葉の由来などを紹介するほか、原始時代から戦国時代までにおける日本のトイレ史を、全国各地の遺跡から出土した遺物とともに解説します。また、名護屋城に関連したトイレ遺構の展示もあります。
また、7月28日(日)の午前は、「肥前名護屋ミステリートイレツアー」と題して、名護屋城周辺のトイレ遺構が発見された陣跡を学芸員とともに巡るツアーも行われます。

会期 7月19日(金)~9月1日(日) (※ 月曜日休館) 午前9時~午後5時
  (※ 8月12日(月)開館、8月13日(火)休館)
観覧料 入館料も含め無料 (※「肥前名護屋ミステリートイレツアー」は参加費無料ですが、事前の申し込みが必要です。)
場所 佐賀県立名護屋城博物館 (唐津市 鎮西町)
問い合わせ 佐賀県立名護屋城博物館 0955-82-4905

 
皇室と鍋島家の歴史 -佐賀藩主から侯爵へ」展

佐賀市の徴古館で、鍋島家と皇室にゆかりのある品などを集めた企画展「皇室と鍋島家の歴史 -佐賀藩主から侯爵へ」が開かれています。

江戸時代に佐賀藩を治め、明治維新後は侯爵となった鍋島家。藩主やその家族の直筆の書や愛用の品をはじめ、皇室と鍋島家の関わりを表す品など、およそ50点が展示されています。

会期 5月20日(月)~7月20日(土) 午前9時30分~午後4時 (※ 日曜・祝日は休館)
入館料 300円 (※ 小学生以下は無料)
場所 徴古館 (佐賀市)
問い合わせ 徴古館 0952-23-4200

 
夏の特別企画展「カラクリ展」

武雄市の佐賀県立宇宙科学館で、夏の特別企画展「カラクリ展」が開かれます。

展示は近代的なからくり人形である「オート・マタ」が中心でイギリスの有名な技術者によって作られたものを実際に動かして楽しめるほか
山口を拠点に活躍するオートマタ作家の原田和明はらだ かずあきさんの作品も展示されます。

会期 7月13日(土)~9月1日(日) (※7月16日(火)のみ休館)  午前9時15分~午後6時
  (※7月17日(水)~19日(金)は、午前9時15分~午後5時15分)
入場 常設展示観覧料が必要です
     【大人】510円/【高校生】300円/【小中学生】200円/【幼児(4歳以上)】100円
場所 佐賀県立宇宙科学館 (武雄市)
問い合わせ 佐賀県立宇宙科学館 0954‐20‐1666

 
佐賀県ネットトラブル相談窓口

佐賀県では、インターネットをめぐるトラブルの相談窓口を設置しています。

架空請求や詐欺などの消費生活トラブル、ウイルスや不正アプリなどによるトラブル、誹謗中傷や個人情報の漏えいなど、ネット上で起きる問題について、気軽に相談することが出来ます。必要に応じて警察や消費生活センターなど、関係機関への橋渡しも行います。
相談は、電話やメール、無料通信アプリ「LINE」で受け付けています。

電話番号 フリーダイヤル(通話料不要)0120-060-797 (※ 相談受付時間は月曜~金曜日の平日、午前9時~午後6時)
メールアドレス help@saga-soudan.net
「LINE」ID @sagasoudan
問い合わせ 佐賀県 情報化推進室 0952-25-7086

 
所蔵資料展「大正・昭和の改元と天皇即位」

5月から新たな元号になるのにあわせて、佐賀県公文書館が所蔵する大正・昭和の改元に関連する佐賀県の資料を展示しています。

大正や昭和への改元では、天皇の即位後に県内でも様々な祝賀行事が行われました。
企画展では、当時佐賀市内の4つの女学校の生徒およそ2700人が参加した旗行列の巡行図や、当時の県知事に送られた改元を知らせる電報など、13点が展示されています。

期間 4月3日(水)~7月28日(日) 午前9時~午後5時
    ※ 毎週月曜日は休館
    (※ 会期中の4月29日、5月6日、7月15日の祝日にあたる月曜日は開館し、5月7日(火)、7月16日(火)が閉館)
入場 無料
場所 佐賀県公文書館 (佐賀市 佐賀県庁南側)
問い合わせ 佐賀県公文書館 0952-25-7365

 
妊娠SOSさが 相談窓口

思いがけない妊娠や出産に対する不安などの悩みを電話で相談できる窓口「妊娠SOS佐賀」を佐賀県が設置しています。

匿名での相談が可能で秘密は堅く守られます。本人からだけでなく家族やパートナーからの相談も受け付けていて、県の委託を受けた国立病院機構佐賀病院の専門スタッフが、丁寧に答えます。

「妊娠SOS佐賀」の電話番号は、携帯電話からも通話料無料となるフリーダイヤル0120-279-392です。

受付時間 【月曜日~木曜日】午前9時~午後5時 【金曜日】午前9時~午後10時
  ※土日祝日はお休みです
問い合わせ 佐賀県こども家庭課 0952-25-7056

 
NHK厚生文化事業団「優しい認知症ケア ユマニチュードDVD」

NHK厚生文化事業団では、DVD「優しい認知症ケア ユマニチュード」をご希望の方に送料のみを負担していただく形で貸し出しています。
認知症の介護の悩みでよく聞かれるのが、以前と比べて怒りっぽくなったなどの「性格の変化」や「介護を拒否されて困る」などの声です。
「ユマニチュード」は、フランスで生まれた認知症ケアです。
「見る」「話す」「触れる」「立つ」の四つの基本で構成され、介護で直面しがちな困った状況に効果があるとされています。
このDVDでは、ユマニチュードの基本技術と考え方を、映像と専門家の解説で学ぶことができます。
監修は、ユマニチュードの考案者であるイヴ・ジネストさんと、東京医療センター・総合内科医長の本田美和子(ほんだ みわこ)さんです。

問い合わせ NHK厚生文化事業団 福祉ビデオライブラリー係 03-3476-5955
  (※ 受付は、月曜日から金曜日までの午前10時~午後6時)

 
「大人の自閉症スペクトラムDVD」

NHK厚生文化事業団では、「大人の自閉症スペクトラム」についてのDVDを、ご希望の方に、送料のみのご負担で貸し出しています。
「自閉症スペクトラム」とは、人間関係の苦手さや特定の物事へのこだわりを特徴とする、発達障害のひとつです。
このDVDでは、現場の映像や専門家の解説によってどのように理解し、支援すればよいかを、分かりやすく学ぶことが出来ます。
監修は、信州大学医学部附属病院 子どものこころ診療部 部長の本田秀夫(ほんだ ひでお)さんです。

問い合わせ NHK厚生文化事業団 福祉ビデオライブラリー係 03-3476-5955

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ