ページの本文へ

ただいま佐賀WEB特集

  1. NHK佐賀
  2. ただいま佐賀WEB特集
  3. 佐賀 唐津から世界へ!3人制バスケ「レオブラックス サガ」

佐賀 唐津から世界へ!3人制バスケ「レオブラックス サガ」

ニュースただいま佐賀“いまサガ” 小野錦キャスターがインタビュー!
  • 2023年08月25日

    唐津市をホームタウンとする3人制バスケットボールの男子プロチーム「レオブラックスサガ」。国内トップリーグで2023シーズン(5月~9月)を戦う彼らに、3人制バスケットボール「3x3(スリー・エックス・スリー)」の魅力や地元への思いについて、小野キャスターがインタビュー!

    3x3(スリー・エックス・スリー)って?

    3人制バスケットボール「3×3」

    3x3(スリー・エックス・スリー)とは、3人制バスケットボール のこと。東京オリンピックの正式種目となり注目され、近年人気が高まっています。試合は屋外、コートは5人制バスケの半分の広さ、1試合は10分・1ピリオドのみなど、5人制バスケとは異なるルールです。

    2023年シーズンを戦うレオブラックスサガの選手たち

    そんな3x3の国内トップリーグで戦うのが、唐津をホームタウンとする「レオブラックスサガ」。2018年に設立、翌年(2019)には国内トーナメントで優勝し、世界大会に出場した実績があります。メンバーはご覧の6人!九州出身の選手や、身長2メートル越えの外国人選手が在籍しています。

    トークの息もぴったりな3人

    スタジオにお越しいただいたのは、監督を務めるクラブディレクターの仲西 淳(なかにし・じゅん)さん、藤根 誠(ふじね・まこと)キャプテン、最年長でチーム発足時から在籍する 原 慎也(はら・しんや)選手。みなさん、スタイル抜群でした!羨ましい…。

    チーム名の由来は「唐津くんち」!

    唐津くんちの黒獅子をモチーフにしたチームロゴ
    小野
    キャスター

    チーム発足時から在籍する、ミスターレオブラックス 原選手。
    チーム名の由来は “唐津くんち” だそうですね。

    原 選手

    チーム発足にあわせて唐津に来たとき、地元の人から、唐津の祭り “唐津くんち”の存在を教えてもらいました。同時に、明治期に姿を消した唐津くんちの曳山「黒獅子」があると知って、チーム名にしようと思いつきました。

    地域を大切にし、根付いたチームであることがよく分かりますね。ロゴの黒獅子の表情、力強くて勇ましいです!

    3x3(スリー・エックス・スリー)ココ見て!

    3×3の見どころを紹介
    小野
    キャスター

    まだなじみのない方もいる3x3(スリー・エックス・スリー)、見どころは?

    仲西さん

    “フィジカルな試合”ですね 。3x3は体のぶつかり合いが激しく、選手同士、ある程度ぶつかることが認められています。その迫力を楽しんでほしいです。

    藤根選手

    “スピード感のある試合展開”にも注目してもらいたいです。5人制とは違って10分で試合が終わるので、攻守の切り替えが早くて多いんです。そこに注目してほしいですね。

    原選手

    私が見てほしいのは、“試合を終わらせるラストシュート”。3x3は、先に21点取ると10分経っていなくても “KO勝ち” のルールがあります。21点目のシュートが入るか入らないかのドキドキを楽しんでほしいと思います。

    地域と交流!思い出深いエピソード

    それぞれの思い出深いエピソードは…
    小野
    キャスター

    レオブラックスサガは、県内で盛んに地域交流を行っています。それぞれ思い出深いエピソードを教えてください!

    仲西さん

    2021年に開催された東京オリンピックに合わせ、3x3のセルビア代表が唐津で事前キャンプを行いました。私は通訳として帯同したんですが、地域の人にも世界トップレベルのプレーを見てもらったり、会話をしてもらったりして、いい国際交流になりました。

    東京五輪3x3セルビア代表 事前キャンプの様子
    小野
    キャスター

    藤根選手の思い出深いエピソード、教えてください。

    藤根選手

    オフシーズン、学校訪問で子どもたちとバスケットボールで関われたことです。バスケを教えたんですが、楽しそうにプレイする子どもたちを見て元気をもらい、僕たちももっと頑張ろうと思えました。

    バスケットボール教室で子どもたちと関わる藤根選手(右)
    小野
    キャスター

    地域交流エピソード、最後は原選手!
    「自分のふざけた言葉を子どもたちが」とお書きになっていますが、
    気になる内容ですね笑

    原選手

    僕は子どもたちにバスケを教える際、冗談を交えて「こんちくわ!」とあいさつをするんです。それが地域内で広まっていたようで、子どもたちに、バスケ選手はみんな “こんちくわ” というあいさつをする、と思いこまれていたというエピソードがあります。笑

    冗談を交えて子どもたちと交流する原選手

    みなさん、バスケ選手全員が「こんちくわ」とあいさつするわけではありません、原選手のオリジナルのあいさつです、お間違えの無いよう(笑)。それくらい子どもたちと距離の近い関係を築けているんですね!

    今後の目標は?

    今後の目標を掲げる3人
    小野
    キャスター

    シーズンも後半戦!今後の目標を教えてください。

    仲西さん

    参戦中の国内トップリーグで優勝すること。今、非常にいい順位にいるので、この勢いのまま優勝したいです。

    藤根選手

    世界で通用するチームになる!今戦っているトップリーグで優勝すると世界大会に行くことが出来ます。「佐賀から世界へ」を目標にしているので、世界で戦えるチームを目指したいです。

    原選手

    まだまだチャレンジし続けたい。僕は今年で40歳になるんですが、国内でも国外でもいろいろなことに挑戦していきたいと思っています。

    レオブラックスサガのみなさん、貴重なお話ありがとうございました。収録は8月8日に行いました。その後、レオブラックスサガは、参戦中の国内トップリーグ「3x3エグゼプレミア2023」の西地区で見事優勝、9月に行われるプレーオフへの進出が決定しました!!本当におめでとうございます、世界まであと一歩、引き続き応援しています!

      ページトップに戻る