2012年4月

チラシ配りハーフマラソン(少し距離足りず)


 

こんにちは。ランスマ男です。

きのうは、天気もよく、絶好のランニング日和。

ということで、

ラン×スマのPRチラシとポスターを手に持ち、

都内のランナーが集まるランニングステーションと銭湯をまわり、番組放送のPRを

お願いしてまわりました。

写真は、いっしょに走ってもらった、先週日曜日に72キロを走ってきたというタフなランナー、Tさん。

gaien.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、地下鉄を使ったりもしたので、そんなに距離はいかないのでは、と思ってたら、

最終的には、走行距離18キロに。時間も3時間50分かかりました…。

koukyo.JPG

 

チラシを置いたり、ポスターを掲示してくれたランニングステーション、銭湯の皆さん、ありがとうございました。

wired.JPG

 

「来るのが遅いわよ~」って銭湯の受け付けのおばさまに言われてしまいました。

来月は、もっと早くまわれるようにします(汗)

sentou.JPG

 

ちなみに、皇居まわりでは、直接ランナーのかたにチラシを渡すこともあったんですが、すでに、ラン×スマ、知っているという人が何人もいて、喜んでしまいました。

 

これは、見ないと、ランナー仲間の話題についていけなくなる必見の番組ですぞ(笑)

 

そんなこんなで、いよいよ、きょうが、放送日です。

 

BS1 午後9時から。

見ると走りたくなる番組です。

 

よろしくお願いします。

投稿者:ランスマ男 | 投稿時間:11:13 | カテゴリ:走れ!スタッフ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(1)


42.195キロを撮る!


 こんにちは。ランスマ男です。

 

「ラン×スマ」の番組制作で、なにがいちばんたいへんかというと、

フルマラソンを走るスマイルランナー中村優ちゃんの撮影です。

 

実は、優ちゃんのフルマラソン挑戦には、3人のランナーがいっしょに走っています。

 

bansoucameraman.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先を走っているのが、優ちゃんの走るペースを確認したり、体調をみる

プロのトレーナーの牧野仁さん。

そして、そばにいる2人が伴走カメラマンの寺田拓司さんと川崎哲也さん。

42.195キロ全部を4人ひと組、いっしょに走ります。

 

カメラマンのおふたりは、実は沖縄在住。

前回12月の特番でとりあげた沖縄の「NAHAマラソン」。

優ちゃんをスタートからゴールまで伴走、撮影していただいたのが縁で、

今回の四万十川桜マラソンの撮影もお願いしました。

 

優ちゃんの横を走ったり、後ろを走ったり、前を走ったり、ちょっと離れたり。

優ちゃんの走る姿、見える風景、ほかのランナーを撮るため、2人があうんの呼吸のフォーメーションで、走る位置を変えながら、撮影をしていきます。

 

しかも、フルマラソン。42.195キロ。エイドステーションで、優ちゃんが一息入れているようすも、撮影しているということは…。

 

ほんとに頭が下がる思いです。

kawasakicameraman.JPG

 

伴走カメラマンの絶妙な位置どりやどう撮影したのかを想像していただくのも「旅ラン」企画のおもしろさですので、ぜひ注目して、ご覧ください。

 nakamura.JPG

そんなカメラマンに囲まれて、フルマラソンを走る、

中村優ちゃんの苦労については、またの機会に。

投稿者:ランスマ男 | 投稿時間:18:27 | カテゴリ:制作裏話 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)


パッションあふれるLiLiCoさんのナレーション


 こんにちは。ランスマ男です。

「ラン×スマ」レギュラー放送開始に伴い、ブログはじめました。

よろしくお願いします。

 

きのう、29日放送の番組のナレーション収録が行われました。

ナレーションは、12月の特番にひきつづき、映画コメンテーターのLiLiCoさん!

LiLiCo2354.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワーさく裂のシャウトから本格ドキュメンタリー語り。

やさしくそっと寄り添う「しっとリ・リコ」から、なぜか「ドラえもん」まで。

 

引き出しの多い変幻自在のナレーションが、番組を盛りたててくれます。

 

LiLiCoさんのすごいところは、ナレーション収録の際に、モニターからの番組の世界に入り込んでいってしまうところ。

映像に見入って、ナレーションを読み忘れることも。

「いやーすみません。ここは思わず、見てしまった」のひと言は、制作者にとっては、最高のおほめのことば。

 

映像を体全体で感じて、魂を入れていただいたナレーション。

 

番組でぜひ、お楽しみください。

 

 

 

投稿者:ランスマ男 | 投稿時間:15:14 | カテゴリ:制作裏話 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲