NHKインターネットサービス利用規約

第2章 利用者情報の取り扱い

第34条(本章の適用)

  1. 本章は、NHKが取得する本サービスの利用者のパーソナルデータ(個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。以下同じ。)にいう生存する個人に関する情報のことをいい、「個人情報」、「仮名加工情報」、「匿名加工情報」および「個人関連情報」から構成されるものをいいます。以下、本サービスの利用者のパーソナルデータを「利用者情報」といいます。)の取り扱いに適用します。ただし、EU一般データ保護規則(以下「GDPR」といいます。)およびGDPR第45条に基づく十分性認定により移転を受けた個人データの取り扱いに関する補完的ルールの適用を受ける情報については、第37条、第39条、第46条は適用しません。
  2. NHKが取得する利用者情報は、次の各号に定める情報を含みます。
    1. 個人情報
      個人情報は、特定の個人を識別することができる情報です。たとえば、氏名等が含まれる情報が該当します。氏名等が含まれなくても、性別、電話番号、勤務先等の情報の組み合わせによって、特定の個人を識別することができる場合は、個人情報に該当します。
    2. 視聴者非特定視聴履歴
      電気通信回線を通じて一般の利用に供される放送番組の視聴に伴って取得される個人に関する情報のうち、個人関連情報(個人情報保護法第2条第7項の「個人関連情報」をいいます。)であって、特定の日時において視聴する放送番組を特定することができるものをいいます。
    3. 位置情報
      電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン第41条第1項の位置情報をいいます。
  3. NHKが次の各号に掲げる者として利用者情報を取り扱う場合に、その利用者情報を取り扱う目的の全部または一部がそれぞれ次の各号に規定する目的である場合は、この章は適用せず、「報道・著述分野プライバシーポリシー」(https://www.nhk.or.jp/privacy/policy/media/)を適用します。
    1. 報道機関
      報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること(これに基づいて意見または見解を述べることを含みます。)をいいます。)の用に供する目的
    2. 著述を業として行う者
      著述の用に供する目的
  4. NHKは、特定のNHKサイトまたはNHKアプリにおいて、この規約に加えて、「プライバシーノーティス」を通知または公表する場合があります。プライバシーノーティスは、NHKが当該NHKサイトまたはNHKアプリでサービスを提供する際に取得する利用者情報の取り扱いに関する情報を提供するものです。
  5. NHKが、デジタル・プラットフォームにおいて本サービスを提供する場合、NHKが取得する利用者情報の取り扱いについては本章を適用しますが、デジタル・プラットフォームが取得する利用者情報の取り扱いについては、各デジタル・プラットフォームの定めるプライバシーポリシー等が適用されます。なお、放送法が定める他の放送事業者が実施する放送番組等の電気通信回線を通じた配信業務の円滑な実施に必要な協力をするよう努める義務(放送法第20条第14項)の趣旨を踏まえ、「TVer」および「radiko」で放送番組を配信する場合のNHKが取得する利用者情報の取り扱いについては、それぞれ次の規約を適用します。

第35条(関係法令・ガイドライン等の遵守)

  1. NHKは、個人情報保護法その他の法令およびガイドライン、ならびにNHKが定める「NHKパーソナルデータ憲章」(https://www.nhk.or.jp/privacy/personal-data/)、「一般分野プライバシーポリシー」(https://www.nhk.or.jp/privacy/policy/general/)を遵守し、関連する放送分野の個人情報保護に関する認定団体指針等を参照して、適正に取り扱います。

第36条(利用者情報の取得)

  1. NHKは、偽りその他不正の手段によらず、次の場合に利用者情報を取得します。
    1. 本サービスの利用者にインターネットを通して入力していただく場合
    2. 本サービスの利用に伴いNHKが機械的に取得する場合
    3. インターネットにより公にされている利用者情報を転記の上検索可能な状態にする場合

第37条(子どもの利用者情報)

  1. NHKは、本サービスのうち子ども(16歳未満をいいます(以下同じ)。)向けのサービスにおいて、次の場合を除き、親権者等の同意がない限り、子どもの利用者情報を取得しません。また、親権者等の同意がない限り第三者に提供しません。
    1. 利用者情報のうち永続的な識別子のみを、第41条第1項の、「計測」、「業務報告」等の目的を含む、本サービスの内部的運用を支援する目的に利用するとき
    2. 子どものメールアドレスや電話番号等の連絡に利用できる利用者情報(以下「連絡先情報」といいます。)を、公開することなく子どもからの質問等の要求に1回に限り直接対応するためだけに利用し、対応後ただちに当該連絡先情報を削除するとき
    3. 親権者等に対して、このポリシーおよび取得する子どもの利用者情報の取り扱いに係るプライバシーノーティスを通知し、同意を得るために、当該親権者等の連絡先情報、名前を取得する目的に限り、子どもの連絡先情報等を利用するとき
    4. 本サービスの機密性または完全性を守るため
    5. 法令に基づくとき
    6. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、親権者等の同意を得ることが困難であるとき、または当該目的に照らして適切でないとき
    7. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、親権者等の同意を得ることが困難であるとき、または当該目的に照らして適切でないとき
    8. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、親権者等の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第38条(位置情報)

  1. NHKは、本人(利用者情報によって識別される個人をいいます。以下同じ。)の個別の同意のない限り、位置情報を取得しません。
  2. NHKは、位置情報の取得にかかる同意は、本人がいつでも変更できるようにし、NHKサイトまたはNHKアプリにおいて同意しない設定にしている間は位置情報を取得しません。
  3. 本サービスの性質上、位置情報の取得に同意しない場合、サービスの一部または全部を利用できなくなることがあります。

第39条(利用者情報の取り扱いに関する通知)

  1. NHKは、利用者情報を取得する際に、本人が認識しやすい適切な場所とタイミングで、わかりやすい表現により、次の利用者情報の取り扱いに関する事項を通知または公表(プライバシーノーティスおよびこの規約による通知または公表を含みます。)します。
    1. 取得する利用者情報の取り扱いの主体
    2. 取得する利用者情報の種類
    3. できる限り具体的に特定した利用目的(取得の状況からみて明らかであると認められる場合を除きます。)
    4. 取得方法
    5. 取得のタイミングと場所(本人が明示的に利用者情報を提供する場合を除きます。)
    6. 利用方法
    7. 共同利用する場合、共同利用する旨、共同して利用される利用者情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的、当該利用者情報の管理について責任を有する者の氏名または名称
    8. 第三者提供の有無、提供する場合、第三者への提供を利用目的とすること、第三者の氏名・名称、第三者が法人等の場合は代表者の氏名・連絡先、第三者に提供される利用者情報の項目
    9. 保存期間を定めている場合はその期間、定めていない場合は利用の必要がなくなったときは遅滞なく削除する旨
    10. 問い合わせおよび苦情処理の窓口
    11. 第41条第1項第4号の「計測」等を目的として識別子を用いて取得する利用者情報の全部または一部についてその取得の停止または削除を求めること(以下「オプトアウト」といいます。)ができる旨およびその方法
  2. NHKは、前項各号に掲げる利用者情報の取り扱いに関する事項のうち、利用目的等の重要な点を変更する場合、その効力を及ぼす前に、本人が認識しやすい適切な場所とタイミングで、わかりやすい表現により、その内容を本人に対して通知または公表します。
  3. 前二項の規定は、次の場合については、適用しません。
    1. 第1項各号に掲げる利用者情報の取り扱いに関する事項を本人に通知し、または公表することにより本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. 第1項各号に掲げる利用者情報の取り扱いに関する事項を本人に通知し、または公表することによりNHKの権利または正当な利益を害するおそれがある場合
    3. 国の機関または地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、第1項各号に掲げる利用者情報の取り扱いに関する事項を本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

第40条(利用者情報の種類)

  1. NHKは、主に次の種類の利用者情報を取り扱います。
    1. 本サービスの利用者に入力していただく利用者情報
      • 氏名
      • 性別
      • 生年月日
      • メールアドレス
      • 電話番号
      • 住所
      • 利用者が入力フォームその他NHKが定める方法を通じて入力または送信した情報
      • 利用者がキーワード検索や、番組への投票等の意思表示を行う際に入力した情報
    2. 本サービスの利用に伴いNHKが機械的に取得する利用者情報
      • IPアドレス
      • アクセスした時刻
      • アクセスしたURL
      • 直前のURL(リファラ)
      • ユーザーエージェント(OSやブラウザに関する情報等)
      • 識別子
      • 画面解像度
      • 言語コード、国または地域情報
      • 端末機器の位置情報
      • 端末機器やブラウザのサービスへの対応状況
      • テレビ受信機等の情報(メーカーID、機種名、バージョン情報)
      • 利用者が設定した情報(地域設定、表示する文字の大きさ等)
      • クラッシュ情報
      • 視聴した放送番組
      • 放送番組を視聴した日時
      • 放送番組を視聴した利用者の地域情報
      • 閲覧したページ
      • 動画の再生などの利用者の行為
      • URLパラメータ
      • 初めてのサイトアクセス日、アクセス回数等の利用実態
      • 本サービス内での遷移に関する情報
    3. インターネット上に公表されている利用者情報
      • インターネット上に公表されている利用者情報

第41条(利用者情報の利用目的)

  1. NHKは、次の目的で利用者情報を利用します。
    1. 認証:利用するために特定の個人であることの確認を必要としているサービスにおける、その確認のため
    2. 認可:利用するために一定の権限を必要としているサービスにおける、権限確認のため
    3. 放送受信契約情報との照合:NHKが保有する放送受信契約者に関する情報と照合することによって、本人の放送受信契約締結の有無を確認するため(取得時または利用時にその旨を明示して本人の個別の同意を得た場合に限ります。)
    4. 計測:インターネットを通して提供する放送番組の視聴のされ方等を把握、分析し、その結果を放送番組の制作、編成に活用するため。本サービスの効果を検証するため。また、本サービスの利用状況を把握、分析し、その結果を当該サービスの改善に活用するため
    5. サービスの安定提供:本サービスを安定的に提供するため。これには、本サービスの利用者の受信状況等を把握すること、および当該サービスの提供に必要な設備の保守管理・改善を含みます。
    6. 調査:視聴者意向調査・アンケート等を実施するため(取得時または利用時にその旨を明示して本人の個別の同意を得た場合に限ります。)
    7. 業務報告:公表するNHKの業務に関する報告のため
    8. 業務の安全遂行:NHKの業務の安全な遂行のため。これには、本サービスを悪用した詐欺や不正アクセス等の、法令またはNHKの定める規約に違反する行為の調査、検出、予防を含みます。
    9. お問い合わせ対応:NHKの業務に関するお問い合わせに対応するため
    10. お知らせ:NHKの業務に関するお知らせをするため
    11. 個別のプライバシーノーティス等で通知する目的。なお、NHKの事業の委託先や取引先、採用活動の応募者に関する利用者情報は、当該利用者情報を取得または利用時に目的を明示します。
  2. NHKは、次の各号の場合を除き、あらかじめ本人の個別の同意を得ずに、前項の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用者情報を取り扱いません。
    1. 法令に基づく場合
    2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
    3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
    4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
    5. 当該利用者情報を学術研究の用に供する目的(以下「学術研究目的」といいます。)で取り扱う必要があるとき(当該利用者情報を取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)
    6. 大学その他の学術研究を目的とする機関もしくは団体またはそれらに属する者(以下「学術研究機関等」といいます。)に利用者情報を提供する場合であって、当該学術研究機関等が当該利用者情報を学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該利用者情報を取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)
  3. NHKは、利用者情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と関連性を有すると合理的に認められる範囲内で行います。

第42条(利用者情報の利用)

  1. NHKは、次の方法で利用者情報を利用します。
    1. そのまま利用する方法
    2. 統計化した後に利用する方法
    3. 他のパーソナルデータと結合して利用する方法
  2. NHKは、利用者情報を、その取得方法、データの種別・性格に応じて適切に取り扱います。
  3. NHKは、本人の個別の同意がある場合を除き、個人情報を他の利用者情報と照合せず、また、他の利用者情報と容易照合性のない状態で管理します。
  4. NHKは、本人の個別の同意がある場合を除き、利用者情報を放送受信契約者に関する個人情報と照合せず、また、容易照合性のない状態で管理します。
  5. NHKは、視聴者非特定視聴履歴を他のパーソナルデータと区別して取り扱います。
  6. NHKは、本人の個別の同意がある場合を除き、利用者情報の分析等に際して、利用者の属性を推知しないように配慮した取り扱いを行います。

第43条(識別子)

  1. NHKは、識別子を用いて利用者情報を取得する場合は、ブラウザまたは端末機器単位で識別子を付与することとし、本人の個別の同意がある場合を除いて、本サービスの利用者単位で識別子を付与することや、本サービスの利用者個人と結びつくID等を識別子として使用することはありません。
  2. NHKは、他人の営業に関する広告を禁じられていることから、ターゲティング広告等を目的として広告識別子を使用することはありません。

第44条(オプトアウト)

  1. 本サービスの利用者は、技術的な仕様により困難な場合等を除き、サービスの利用を継続したまま、前条第1項の利用者情報の全部または一部についてオプトアウトができます。なお、当該利用者情報は、ブラウザまたは端末機器単位で取得しているため、利用するブラウザや端末機器ごとに必要な手続きを行う必要があります。NHKサイトで提供するサービスのオプトアウトの方法については、「オプトアウトについてはこちら」(https://www.nhk.or.jp/rules/optout/)で公表します。
  2. 本サービスの利用者は、前項のほか、ブラウザを利用する場合には、クッキーの受け入れを拒否するように設定を変更することで、識別子を用いた利用者情報の取得を停止することができます。この場合、本サービスの機能の一部が利用できなくなる場合があります。
  3. 本サービスの利用者は第1項のほか、NHKアプリを利用する場合には、アプリを再インストールすることなどにより計測を目的として付与される識別子をリセットすることができます。この場合、本サービスの利用者が当該アプリに保存していた設定等の情報が消去されることがあります。

第45条(外部企業等が提供するシステムを利用した利用者情報の取得)

  1. NHKは、識別子を用いた利用者情報の取得にあたって、外部の企業等が提供する情報収集解析システムを利用することがあります。この場合も、利用者情報の取り扱いについては、本章が適用されます。なお、NHKが利用している情報収集解析システムは、「NHKが利用する情報収集解析システム等一覧」(https://www.nhk.or.jp/rules/analytics/)で公表します。
  2. 前項の外部の企業等の情報収集解析システム等を利用してNHKが取得した情報は、当該外部企業等が自社のサービスで利用したり、第三者に提供したりすることはありません。

第46条(利用者情報の保存期間)

  1. NHKは、視聴者非特定視聴履歴を取得してから14か月保存し、保存期間が満了したときまたは利用する必要がなくなったときは当該視聴者非特定視聴履歴を消去します。それ以外の利用者情報は、利用する必要がなくなったときに、遅滞なく消去します。

第47条(共同利用)

  1. NHKは、利用者情報を特定の者と共同して利用する場合、利用者情報の取り扱いに関して、本章を尊重する旨を当該特定の者との契約に定める等して、当該利用者情報を適切に取り扱います。また、特定の者との間で共同して利用される利用者情報が当該特定の者に提供される旨、ならびに共同して利用される利用者情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該利用者情報の管理について責任を有する者の氏名または名称および住所ならびに法人にあっては、その代表者の氏名について、あらかじめ、本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置きます。
  2. NHKは、識別子を特定の者と共同して利用する場合、当該識別子をターゲティング広告等の第三者の利益を図る目的で付与しません。

第48条(第三者提供)

  1. NHKは、本人の個別の同意を得た場合を除いて、利用者情報を第三者に提供することはありません。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合はこの限りではありません。なお、本人の個別の同意を得て個人情報および個人関連情報を第三者に提供する場合は、個人情報保護法等の法令および関連するガイドラインに従って行います。
    1. 法令に基づく場合
    2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
    3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
    4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
    5. 当該利用者情報の提供が学術研究の成果の公表または教授のためやむをえないとき(個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)。
    6. 当該利用者情報を学術研究目的で提供する必要があるとき(当該利用者情報を提供する目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)(当該第三者と共同して学術研究を行う場合に限る。)。
    7. 当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該利用者情報を学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該利用者情報を取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)。
  2. 次に掲げる場合において、当該利用者情報の提供を受ける者は、前項の規定の適用については、第三者に該当しないものとします。
    1. NHKが利用目的の達成に必要な範囲内において利用者情報の取り扱いの全部または一部を委託することに伴ってその利用者情報が提供される場合
    2. 前条の共同して利用する者の範囲に掲げる者に提供される場合

第49条(質問および苦情処理の窓口)

  1. NHKにおける利用者情報の取り扱いに関するご質問や苦情は、次の窓口で受け付けます。
    1. NHKふれあいセンターナビダイヤル:TEL 0570-066-066
      (上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は、TEL 050-3786-5000)へおかけください。
      受付時間:午前9時~午後8時(土・日・祝も受け付けます。)
    2. NHKサイトからの問い合わせ先はこちら
      https://www.nhk.or.jp/css/
  2. 個人情報の取り扱に関するお問い合わせや苦情に対するNHKの対応に対して疑問等があり、相談を必要とされる場合、個人情報保護法に規定された「認定個人情報保護団体」である下記の一般財団法人放送セキュリティセンター「個人情報保護センター」に直接ご連絡いただくこともできます

最終改定日:2022年8月1日