前のページへ戻る

放送リスト
種子の発芽には、水や種子の養分が関係していることをとらえる。
植物が育っていくには、日光や肥料が関係していることをとらえる。
1日の気温の変化は、晴れ、くもり、雨など天気に関係していることをとらえる。
天気が変化するきまりをとらえ、資料を活用して予測する。
資料を活用して、魚や人の発生や成長についての考えをもつようにする。
資料を活用して、魚や人の発生や成長についての考えをもつようにする。
生命の起源と連続性を科学史を交えて紹介する。
花はめしべに花粉がつくことによって結実し種子ができることをとらえる。
秋の天気には、台風がやってくるなどの特徴があることをとらえる。
流れる水が地面をけずる様子を観察し、けずられ方が水の量や速さと関係していることをとらえる。
川の姿を観察し、水の流れが川の姿を形作ることをとらえる。
水が、洪水などの災害をもたらすことがあることを知り、自然とのつきあい方を考える。
てこのはたらきは、支点からの距離と力点に加える力の大きさに関係することをとらえる。
てんびんがつりあうには、おもりの重さと支点からの距離が関係することをとらえる。
図表や自然現象から事象を読み取り、まとめて伝える力を養う。
物は水にとけても重さは変わらないことや、水にとける物の量には限度があることをとらえる。
水の量と温度で溶け方が変わることや、水溶液を冷やすと結晶になってでてくることをとらえる。
ものが衝突してほかのものを動かすはたらきは、重さと速さに関係があることをとらえる。
ふりこが1往復する時間を、重りの重さや糸の長さなどと関係付けてとらえる。
てこをはじめとして日常生活には力学の法則が活用されていることをまなぶ。